« 7.7の晩ご飯 | トップページ | 7.8の晩ご飯 »

2007/07/10

2007 Jリーグヤマザキナビスコカップ 準々決勝第一戦 横浜F・マリノス vs. FC東京

いやあ、ノってるやつって恐ろしいね。ノリオが眩しかったわ。
バックスタンドにいたので、得点は目の前で起ったんだけど、何か簡単そうに、軽く足振ってんのよ。自信と、貫禄すら感じた。前半はノリオの左足切ってたマリノスのディフェンダー陣も、あのスピードで前向いてボールもらったノリオは止められなかったようね。あっぱれであった。
欲張りかも知れないけど、アウェーゴールもう1点欲しかったわ。最後、慎重にゲームを進め過ぎた気がしたよ。まあ、マルケスが入ってから、マリノスも結構攻撃が機能してたから、バランスを崩すわけにはいかなかった、きっちりアウェーの戦い方をしたと、そういうことだけども。

ノリオ以外にも萌えポイント(をい)がいっぱいある試合だったね。もちろん長友くんデビューとか。でんぐり返り、かわいかったー。あと、梶山がいつもより粘液を多めに出してたとことか。福西がぶいぶいいわせてたところとか。前半、梶山がものすごい勢いで怒鳴りながら指示をしていた、あれは何だったんだろう。梶山の、変なスイッチ入るところ、あれ結構好きだな。あと、浅利ね。浅利は、持ち味の守備以外にも、出場機会があるたびに凄いゴール狙ってる。ミドルとか。ダイレクトボレーとか。ああ、いつ決まるんだろうね浅利のゴール。どきどきだわ。
茂庭ねえ(笑)。茂庭はまっすぅが乗り移ったのかと思った。カバーを言い訳に、ラインコントロールを言い訳に、自分が行くべきところで行かないで、藤山や浅利やジョーくんにずいぶん負担をかけた。後半はそこそこ調子を上げたように見えました。まあ、一試合通してやることでしか、そしてそれを積み重ねることでしか、復調は望めないわけだからね。もっとがんばれ。

今ちゃんや伊野波が不在の中で無失点で終えることができた、それが一番よかったところ。
2004年のナビスコも、五輪代表とA代表が出たり入ったりして、全然ベストメンバーなんか組めなかった。栗澤と徳永という学生バイトくんたちがいなかったら、タイトルなんか取れてなかっただろう。
そういう意味で、長友くんも、他にもまだ出場機会を得られていない子たちも、アピールして是非出場機会をゲットして欲しいね。

|

« 7.7の晩ご飯 | トップページ | 7.8の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/15710187

この記事へのトラックバック一覧です: 2007 Jリーグヤマザキナビスコカップ 準々決勝第一戦 横浜F・マリノス vs. FC東京:

« 7.7の晩ご飯 | トップページ | 7.8の晩ご飯 »