« 8.24の晩ご飯 | トップページ | 8.25の晩ご飯 »

2007/08/27

2007 J1 第22節 浦和レッドダイヤモンズ vs. FC東京

うーん、言葉に困るな。
よくがんばった。浦和から点を獲ったのは5試合振りだそうだ。ササ振りと、そういうことだね。
じゃあ勝てた試合だったかというと、相手は最小得失点で勝つのが得意な浦和、横綱相撲だったような気がするのだ。相手は全然落ち着いてたんじゃないかな。
梶山は素敵だった。こいつはどうも浦和相手だと変なスイッチ入るような気がする。壁が近いってんでボールぶつけたりね。鬼のようにぬらぬらドリブルしたり。ショルダーチャージで相手ぶっ飛ばしたり。カードをもらうんじゃないかとハラハラもするけど、わくわくもする。ひょっとしたら、赤いものを見ると興奮する性質なのかも知れない。
総じて、玉際で負けてなかったのはよかったけど、動き出しがまだまだ遅いね。
内容は悪くなかった、これを続けていけば、というようなことは言いたくない。そういいながら、いくつものチームが降格していったのだ。

うー。広島戦行けそうにないのが痛いな。最後まであきらめず画策してみるが。

|

« 8.24の晩ご飯 | トップページ | 8.25の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/16259083

この記事へのトラックバック一覧です: 2007 J1 第22節 浦和レッドダイヤモンズ vs. FC東京:

« 8.24の晩ご飯 | トップページ | 8.25の晩ご飯 »