« 11.30の晩ご飯 | トップページ | 12.1の晩ご飯 »

2007/12/02

2007 J1 最終節 ヴァンフォーレ甲府 vs. FC東京

内容では負けてた(笑)
いや本当に、甲府は素敵なサッカーをしていた。よく走って、パスコースいくつも作って、ショートパスをいくつも繋いで、サイドチェンジも美しかった。大木監督の退任が発表され、最後に勝利をという気持ちなんだろうと思うけど、いったいどっちが降格するチームだよというありさまである。うちの子たちは翻弄されてたし、わかってても付き切れなかった。ひとり塩田だけが目立っていたよ。塩田が当たっててよかったなあ。「甲府対塩田」と相方が言って、その通りだなと思う。バレーがいたら5-0くらいで負けてた。
梶山は、一昨日も昨日も完全別メニューだったそうじゃないですか。まだ駄目だったんじゃないかなあ。らしいロングパスはあったけど、守備も後手だったし、精彩を欠いていた。あれなら池上でもよかったと思った。わかんないけど。今野も奮戦してたけど、ミスが多かったね。あと、茂庭の劣化具合もしょんぼりだ。
ナオとノリオの両翼配置だと、真ん中でくるんくるんする憂太の出来が試合を左右するな、と思っていたけど、その憂太も目立った活躍ができないまま怪我でアウト。ノブオさんを入れたのは、最初、えっ?だったけど、そのノブオさんの前線での献身的な守備や、スペースに走り込む動きが、反撃の糸口を作ってくれた。
まあ、今日の内容で勝ってしまってはどうよと思わずにはおれないけど、塩田へのご褒美だと思えばそれはそれ。負けるより勝つほうがいいですね。
降格が決定している甲府としては、いいサッカー、自分たちのサッカーができているのにフィニッシャーがいなくて勝てない、今シーズンを総括するような試合になってしまったという感じなのかなあ。

試合後、甲府の最終戦後のセレモニーにちょっとお付き合い。大木監督が、途中、声を詰まらせてしまったのにはちょっとじわっときた。スタッフのみんなの名前を挙げ、感謝を表した、心のこもった挨拶だったと思う。また、大木監督の挨拶に先立ち、社長から降格への謝罪と、地域社会に対し今後のさらなる協力をお願いする言葉があり、サポーターの前できちんと責任の所在を明確にした、まっとうなフロントだと思った。
そうだよなあ。不本意なシーズンを過ごした後、ホーム最終試合の時くらい、辞任する監督(現場責任者という意味では部長クラス)だけに謝らせて終わるんではなく、会社の代表からのお詫びがあってしかるべきと思うのは、サポーター感情だけでなく、社会通念として当たり前だよなあ?

ゴール裏に挨拶に来たルーカスが、最後、スパイクをファンに渡して去っていったのは、いったいどういう意味なのか、そういえば西の某チームからオファーという報道もあったし、この季節のこととて、さまざまな憶測や不安に心がかき乱されるわけなんだけど、取りあえずは次の丸亀の算段だ。

|

« 11.30の晩ご飯 | トップページ | 12.1の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/17246906

この記事へのトラックバック一覧です: 2007 J1 最終節 ヴァンフォーレ甲府 vs. FC東京:

« 11.30の晩ご飯 | トップページ | 12.1の晩ご飯 »