« 東芝 RD-A600 | トップページ | 12.16の晩ご飯 »

2007/12/17

Jユースサハラカップ2007 準々決勝 FC東京U-18 vs. 大分トリニータU-18(写真を追加)

寒かったし風が強かったし。
最初、大分がどんどん来るし、スピードも球際の強さもあって、をいをい、防戦一方じゃないか、大丈夫か、という状態。いきなりバモバモタイムである。しかし、粘り強い守備と、大分の決定的なのがクロスバーに弾かれるというラッキーもあり、この時間帯をしのぎ切ったのが大きかった。大竹くんのフリーキックから田中がヘッドで技ありのゴールを決めたのが35分、そこまでは、相当やばいことも多かった。大分はキャプテンマークの22番東くんが素晴らしく、そこにボールが入るとなかなか取れなかったし、パスもドリブルもよくて東京は相当手こずっていたので、前半終了間際に微妙な判定でペナルティーキックをもらい、大竹くんがそれを落ち着いて決めて前半のうちに2-0にしても、まだまだわからんぞ、という気分ではあった。だって本当に、さっきまで押されて押されてひやひやしてたんだもの。レベルにはあまり差がなかったように思う。
後半始まって大分も切り替えて来たので、見てるこっちも相当緊張して見てた。いけるかな、と思ったのは、この日調子がよく、右をどんどん突破していた岡田くん、応援していたチームメイトたちも「岡田」「岡田」うるさかったんだけど、その岡田くんが、大竹くんのスルーパスに呼応して、前がかりになる大分の裏に、豹のように抜け出して決めた3点目、あれは素晴らしかったねえ。
20071216_120071216_220071216_3
(写真左:試合の流れをほぼ決めた岡田くんの3点目。写真中:おいらたちの真後ろにいたチームメイトたちに向かって来た。右:その岡田くんに代わって入った米田くん。投入直後のアシストに手荒い祝福。撮影は相方)
あと、3-0になっても緩まずに点を取りに行き、最終的には岩渕くんのハットトリックですよ。ブッチどうしちゃったの?いやもうお腹いっぱい、最後はわっしょいするのもちょっと飽きてぞんざいになったりしてね。
20071216_4
大竹くんは、常時マークが3人くらいついて大変そうでしたが、それでも2アシスト1ゴールは立派。いやえらい子だ。

終わってみれば、危険な時間帯をしのぎ切ってボールを落ち着かせ、徹底的に裏を狙って大分のディフェンスラインを切り裂いた、ハマったとしかいいようのない試合でした。大分も、スピードもあるしドリブルもあるし(梅崎みたいのがいっぱいいる、と相方と話していた)、パスもよくつないでいて、いいチームだったんですけどね。これもサッカー、こういうこともある。

そういや井澤くんがまた怪我だかでベンチ、あたしは結局今年は井澤くんのいいところを全然見れなかったし、このままよそんちの子になっちゃうんだなあ、と思うとちょっと寂しい。
次は神戸で大宮アルディージャと準決勝です。神戸も長居も行けないのが実に残念だが、存分にやって欲しいね。

|

« 東芝 RD-A600 | トップページ | 12.16の晩ご飯 »

コメント

どの写真もいいですね。
大竹君の写真なんか、今にも動き出しそうですね。

投稿: fct fan | 2007/12/19 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/17388979

この記事へのトラックバック一覧です: Jユースサハラカップ2007 準々決勝 FC東京U-18 vs. 大分トリニータU-18(写真を追加):

« 東芝 RD-A600 | トップページ | 12.16の晩ご飯 »