« 1.30の晩ご飯 | トップページ | ボスヘル戦 »

2008/01/30

バター茶

@nifty:デイリーポータルZ:バター茶って、お茶っていうより…。
この記事を読んだら、どうしてもやりたくなった。この記事自体は、バター茶をお茶と認識するに至らず、最終的にはスープの一種として消化した、いわば敗北であろうと思う。
うちは相方もあたしも、アイラン(トルコの、塩味のヨーグルトドリンクである)とか好きなので、きっと大丈夫さ。
とはいえ、プーアル茶の在庫がなかったので、ちょいと悩んだあげく、ビューリーズ(アイルランドのミルクティー用の紅茶)を行平鍋で濃く煮出し、牛乳、バター、塩をぶち込み、攪拌するのに泡だて器を使うという荒業、おそらくネパールのバター茶とは似て非なるものができあがった。
えー、うまい。これは結構好きです。ミルクティーのこってり版、しかも塩味。暖まるし。カロリーがちょっと気になるけど。
今度、ネパール料理屋で、本格のバター茶を頂いてみようと思う。でもネパールの本物のバター茶は、ヤクのミルク、ヤクのバター、岩塩を使うそうだから、日本ではほぼ無理ですね。

|

« 1.30の晩ご飯 | トップページ | ボスヘル戦 »

コメント

チベットのバター茶には黒茶の一種で「蔵茶」というものが使われています。
お茶自体がさっぱりしてるのと油分を分解(?)するので、ガバガバ飲めるのではないかなと思ってます。

投稿: 文鳥 | 2008/02/01 11:19

恵比寿に「クンビラ」ってネパール料理レストランがあるけど、バター茶はなかったと思いまする。

投稿: ぴぬ山 | 2008/02/01 12:38

なるほど>文鳥さん
蔵茶というのは初めて知りました。プーアル茶とかの方が近いのかな?胃の負担は少なそうですね。

をを、クンビラ>ぴぬ山さん
ランチ結構好きでした。
インド・ネパール料理屋といっても、一般的にはマサラティーくらいしか置いてないですよねー。

この元記事のレッサムフィリリという店は品川らしい。いっぺん行ってみるかなー。

投稿: おがん | 2008/02/01 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/17903566

この記事へのトラックバック一覧です: バター茶:

« 1.30の晩ご飯 | トップページ | ボスヘル戦 »