« 3.19の晩ご飯 | トップページ | 3.20の晩ご飯 »

2008/03/20

2008 Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選Bグループ 清水エスパルス vs. FC東京

城福東京初敗戦。
とはいえ、現地組はみんな終盤の大竹洋平にどきどきわくわくさせられて、負けたの忘れてるでしょ。ね、そうでしょ。あたしもそうだもん。
大竹よかったねえ。あの時間帯に入ったとはいえ、きちんと勝負して、やり切って、清水の堅いディフェンダー翻弄して、チャンス作って。プレースキックもよかった。得点の匂いがした。惚れた。みんなもう大竹に夢中さ。
あの時間帯に、1点でもいい、ゴールが欲しかったなあ。個人技が通用するのはわかった。あとは結果が欲しい。大竹も、フォワードに点を獲らせることを逆算したプレーをもっとするべきと思う。
あたしの隣にいたお子さんが、「お兄ちゃんのヨーヘー(梶山のことだと思われる)より、こっちのヨーヘーの方が全然いいや!」と叫んでました。ちょと笑った。ほんとだよね。

そういうわけで、よくも悪くも、このチームは梶山陽平のチームである。梶山がよければ勝ち、負けて落ちれば泥である。出だしは悪くなかったんだけどねえ。前半の途中で腰投げされて(ノーファールだった)転がって、痛そうに起き上がってから精彩を欠いたので、どこか傷んだのではないかと心配したくらいですよ。
局所的にはヌラヌラしたり、どうやってかわからないけどボール奪取したり、気持ち悪いことをしてくれたりもしたけど、全体としてはミスが多く、とっ散らかってしまった印象だなあ。
清水も決してよくはなかった、ミスも多かったしフィニッシュの精度も悪かったと思うけど、まず西澤さんがよくって。体調もよさそうだったし、ポストプレーは職人技だった。それから、藤本淳吾がよかった。センターバックの青山と高木和道も堅実であった。これだけ要所を押さえられればこれはもう、結果は順当である。

やっぱり今ちゃんとか羽生さんとかさあ、長い距離を走る、前に飛び出していく選手がいなかったら、マークなんてずれないしゴールは遠いよ。誰がそれをやるんだよ。まあ、ナビスコのグループリーグは、いろんなテストしながら様子見て行くことになるんだろうなあ。
それでも、城福さんは勝負を度外視してテストをしていたとは思わない。きちんと勝ちに行く計算をしていたと思うよ。いろいろアテが外れたっぽいけどね。
久々に先発した栗澤にはちょっとがっかりさせられた。プレーエリアが低過ぎ、プレーの選択も消極的なものに終始してしまった。城福東京で自分に何ができ、何をするべきか、もう少し咀嚼し直す必要があるのではないか。学生バイトの頃は、栗澤がチームで一番止める蹴るがうまく、チームで一番気の利いた選手であったのだけど、今では周囲のレベルが上がってしまってるんだよねえ。

あたし的には、たいそう寒かったけど、富士宮焼きそばも喰えたし、大竹に萌えじゃないや燃えた、なかないい遠征でしたよ。もちろんパルちゃんショーもね。

|

« 3.19の晩ご飯 | トップページ | 3.20の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/40577233

この記事へのトラックバック一覧です: 2008 Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選Bグループ 清水エスパルス vs. FC東京:

« 3.19の晩ご飯 | トップページ | 3.20の晩ご飯 »