« 4.11の晩ご飯 | トップページ | 4.12の晩ご飯 »

2008/04/13

2008 J1 第6節 東京ヴェルディ vs. FC東京

お帰り、ヴェルディ。寂しかったよ。帰って来てくれて嬉しいよ。

三年振りの東京ダービーである。よそのダービーはよく知らないが、東京ダービーはJで唯一、同じホームスタジアムを分け合うチームのダービーである。いつもの道を通っていつものスタジアムに行くのに、様子が違う。普段青赤いところが緑色である。味スタなのにアウェー側である。自分の指定席に他人が座ってるわけである(ちょっと嘘。ヴェルディはメインの二階使ってないらしくて空席だった)。
誰が何といおうと、これは特別な試合。ダービーは勝ってこそ華、負けて落ちれば泥である。サポーターもテンション高い。どんなにいい内容でも、どんなに選手が頑張ってくれても、負けたら糞である。逆に、オウンゴールだろうがペナルティキックだろうが、点取って勝ってくれたら大喜びである。
うーん、勝ったからいうのも何だけど、いい試合だった。というか、全然いいサッカーじゃない、ヴェルディもFC東京も、すっぴんの、なりふりかまわないどつき合い、非常にプリミティブなフットボールだったように思う。いつもいつもこうだったら何だけど、ダービーだから許す。
ゴール裏も、アウェーだからか、妙に一体感があったね。

土肥ちゃんはピンクじゃなかった。みんななんとなくがっかりして、でもちょっとほっとしていた。土肥ちゃんがダービー前にいろんなメディアでこっちを煽ってくれたおかげか、それともやはりダービーであることの方が優先されたか、みんな普通に土肥ちゃんにブーイングしてたなあ。
福西は気合い入ってたな。ちょっと気合い入り過ぎだったんじゃないかと思う。昨年一年で福西の楽しみ方を知った東京サポーターたちではあるが、敵に回すとやっぱひどい選手だと思うな(笑)。肘だけじゃない、今ちゃんの顔に完全にパンチ入れた。そういや梶山がダービーモードであった。ダービーと浦和戦は梶山は変なスイッチ入るからね。福西と相当やり合ってたと思う。
前半は引き気味で、ボランチがカバーするエリア広すぎるでしょう、なんていってたけどね。みんな大竹が入るのを待ってた。見事に流れが変わっちゃいました。思うにあれは、大竹を入れるところが、反撃ののろしなんだね。スイッチ入った東京。大竹が前線を活性化し、走り回るよ。凄いよ。アイディアの豊富さ。それを支える安定したテクニックね。
チーム全体も後半はコンパクトにして、高い位置でボールを動かし、厚みのある攻撃ができてた。

あたしは応援で勝たせるとかそんな不遜なことを信じてはいない。ただ、この試合のように、数年に一度くらい、選手の熱いプレーがサポーターに火をつけ、サポーターの声援が選手を加速させ、そしてひとつになってぶち飛ぶ瞬間が、確かにある(ような気がする(妄想だが))。こういうことがあるから、ね。
そして長友の気迫が誘発したオウンゴールである。ゴール裏は長友のゴールだとみんな信じて疑ってなかったけど、録画で見るとヴェルディのディフェンダーの足が先に触ってたんだね。

試合後、ゴール裏に近づきながら煽ってくる塩田、嬉しそうな塩田を見ていたら涙が出た。これは塩田の戦い、土肥ちゃんとの戦いでもあり、自分との戦いでもあったのだなあ。
そして、ああ、羽生さんシャーかわいいよ羽生さん。
ちなみに、福西が試合終了直後の整列でストレッチをしていたのは、ほらあの、猫が高いところからの着地に失敗したりしたあと、何かを誤魔化すように毛づくろいするじゃない?あんな感じだね、と相方と話したことでした。

さて、今年はまだもう3回、東京ダービーがあるのだ。へろへろー。

|

« 4.11の晩ご飯 | トップページ | 4.12の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/40868469

この記事へのトラックバック一覧です: 2008 J1 第6節 東京ヴェルディ vs. FC東京:

» 東京ダービー fc東京 [news11]
2008 J1 第6節 東京ヴェルディ vs. FC東京お帰り、ヴェルディ。寂しかったよ。帰って来てくれて嬉しいよ。 三年振りの東京ダービーである。よそのダービーはよく知らないが、東京ダービ... [続きを読む]

受信: 2008/04/13 21:07

« 4.11の晩ご飯 | トップページ | 4.12の晩ご飯 »