« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/28

4.28の晩ご飯

うちの会社は暦どおりなんで、今日は出勤。

帰りに寄ったスーパーの特設売り場で干物を焼くいい匂いが。うるめの一夜干しである。空腹をえぐる。しかし今日はパンが食べたくてさっきデパ地下でPaulのチーズパン買ったんだよなあ、干物ならやっぱりごはんだしなあ、なんて悩んでいたら、隣にやたら開けっぴろげな奥さんがやって来て、あらー、おいしそう、これは何?こっちは?なんて試食のあれこれをぱくぱく食べ、でもぉ、うち、こういうの焼かないのよね、ほら煙がね、なんていう。干物を焼いているおじさんが、これフライパンでちょっと焼けばいいんだよ、といいかけるが、奥さんそれを遮って、あら、それポーターね、とあたしに話しかけてくるのだ。ほら、あたしも。おそろおそろ。干物屋のおじさんを置き去りにしてひとしきり吉田カバン談義。その後、やっぱあたしはやめとくわ、ほら、やっぱ煙がね、なんていって、自転車に乗って帰って行ってしまった。残されたあたしは、そりゃもう、うるめの一夜干しを一袋買うしかなかったんですよ。

つわけで、晩ご飯は、うるめの一夜干し。栃尾の油揚げにネギ味噌をはさんで焼いたの。レタス、トマト、キュウリ、パプリカ、タマネギのサラダ。キュウリの浅漬け。ごはん。味噌汁。伊右衛門茶。うるめ、うまかったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アマラオファイナルマッチ

味の素スタジアム: 味の素スタジアム感謝デー
アマラオの人徳か、なんという豪華メンバー。
ヒロミとアマラオが同じピッチに立つなんて、わくわくするね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4.27の晩ご飯

風邪が悪化し、U-18の東京ダービーにも行けず。一日寝込む。
晩ご飯は、親子丼。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4.26の晩ご飯

風邪が悪化し、清水グルメも楽しむことなく帰宅。
晩ご飯は、帰りの新幹線の中で、サンドイッチとミルクティー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008 J1 第8節 清水エスパルス vs. FC東京

試合開始直前に雨が降ってきて、試合が終わったら止むんだもん、まいったよね。
前半ほとんどいいところがなく、パスコース全部消されていて、中盤が機能していなかった。特に梶山の動きがよくなく、五輪代表合宿の疲れか、それともひょっとして、急な雨でスパイクの選択を間違えたんじゃないかという走らなさである。ポジショニングもよくなく、梶山と浅利、梶山と今ちゃんがかぶりまくり。
清水は簡単にさばいて、激しい雨の中でもパスをよく繋いでいたし、中盤の運動量があって、マークをずらされまくった。
それでも、前半を0-0でしのげば何とか、と思ったが、折悪しく失点。つーか、あれほどコーナーキックを相手に与えたら、数打ってるうちにいつか入りますよ、という感じでした。
後半は梶山の動きが復活。ねえ、やっぱりスパイク履き替えたからなんじゃ?しかし時既に遅しである。清水の強力な守備ブロックの前に、なすすべなし。
大竹スタメンということで、みんな何をするべきか、本当にちゃんとわかっていたのかなあ。しかしまあ、前半耐えて後半大竹でスイッチ入れてどんどん、というワンパターンばっかりで1シーズン通せるわけもなく。まだ、いろいろ試行錯誤は続くんだろう。
後半、カボレが、すごい広範囲に動き回って、何とかしようともがいているのを、奇妙に嬉しい気持ちで見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4.25の晩ご飯

仕事で姉ヶ崎方面へ。日が暮れるとやたら寒い。
出先で、うちの会社をスピンアウトした人たちが作った会社が倒産したことを知る。ショック。知り合いが何人もいるのだ。

遅くなったので晩ご飯はレトルトカレー。あと、新じゃがの茹でたの。六甲のおいしい水。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/24

4.24の晩ご飯

咳が止まらず。腹筋が疲れる。
晩ご飯は、レンコンと鶏肉の煮物。タマネギの卵炒め。フルーツトマト。味噌汁。ごはん。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4.23の晩ご飯

咳をしながら、高知出張、日帰り。
帰りに、代理店の方が空港まで車で送って下さったが、いろいろ話していたら、その方の趣味の話になり、奥様やお友だちと共に、古楽器のリュートに似た楽器を手作りして、それでバロック音楽のアンサンブルを楽しみ、あちこちから呼ばれて演奏活動などされているのだそう。面白い。夫婦でやってるってのも素敵。

晩ご飯は、高知空港で買って帰った焼きかつお。電子レンジでチンして、相方はマヨネーズ醤油、あたしはポン酢醤油で。ごはん。味噌汁。サヤインゲンとプチトマトの胡麻和え。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/23

4.22の晩ご飯

咳がなかなか止まらない。
晩ご飯は、牛肉、タマネギ、豆腐、スナップエンドウの煮物。フルーツトマト。ごはん。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/22

大竹洋平選手がU-23代表候補に

F.C.TOKYO:U-23日本代表候補 トレーニングキャンプメンバー(4/21~23)に、大竹洋平選手追加招集のお知らせ
びっくりびっくり。
つーか、反町監督が見に来ていた時イヤな予感がしたのよ。イヤってことはないか。
めでたい。本人も、たいそう意識の高い選手なので、いいことだと思う。めでたいが、もう少しの間、おれたちだけで楽しんで、愛でていたかった、という気持ち。
プロになって間もないし、ユースの時とは試合の後の疲れ方も違うだろうに、代表との行き来は身体の負担が大変だろう。くれぐれも怪我のないよう祈らずにはおれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4.21の晩ご飯

客先に21時に入らなくてはいけない仕事があり、営業車で向かう途中、コンビニでおにぎりとコロッケパンを買って喰ったよ。あと、あったかいお茶。
帰宅は0:30。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/20

赤嶺も代表候補に!

F.C.TOKYO:日本代表候補 トレーニングキャンプメンバー(4/21~23)に、赤嶺真吾選手追加招集のお知らせ
びっくり。
もちろん、赤嶺はいい選手だし、ナビスコも含めるとチームで一番点を取ってる。泥臭いストライカーで、最近ポストもうまくなってきたし、頼れる男なのは東京のファンはみんな知ってるけども。でもまさか今代表に呼ばれるとは…。いや、おめでとう。
頑張って、選ばれたことで自信をつけて、怪我のないようにして帰ってきて欲しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4.20の晩ご飯

案の定風邪が悪化し、朝から声が出ない。熱もある。
三ツ沢に行くのはあきらめ、一日じゅう寝たり起きたり。

夕方熱が下がったので買い物に行き、晩ご飯は、近所の中華屋で買った炒飯、 ビーフン、麻婆豆腐、鶏とタケノコ炒め、ニラタマ。喉が痛いのに辛いものを買ってしまい、少し後悔。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4.19の晩ご飯

試合後、飛田給某所で、刺身、竹の子ごはん、焼き鳥、さつま揚げ、エイヒレ、鮭のソテーなど。ビール、ビール、ビール。勝った上、いろいろ、春らしくめでたい人がいて、大変めでたいことに。よかったよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008 J1 第7節 FC東京 vs. 川崎フロンターレ

朝の便で神戸から帰京。
一旦帰宅し、荷物を置き、着替えてスタジアムへ。咳止めの薬飲みながら。

先制された時は昨年の悪夢が脳裏をちらりとよぎったりもしましたが。ああ、やっぱりエメか羽生さんのどっちか欲しいよなあ、なんて思ったりもしましたが。
終わってみれば4-2。フォワードがきっちり1点づつ取り、その上大竹洋平のJ初ゴール&1アシストですよ。どうよ。大竹洋平ってば、初ゴールがループシュートってのは、あまりにらし過ぎるのでニヤリという感じである。ユースでは何度もやっているプレーだろうけど、トップの試合で、入ってすぐのこの時間帯に。恐ろしい子!そして4点目、1タッチのボール回しが、あまりに綺麗に繋がって、何が何やらわからないうちに点が入ってた。以前は、高い位置でパスが5、6本繋がってシュートまで行くと「SEXYトーキョー!」コールだったけど、そんなの1試合に1回あるかないかだったもんねえ。
つわけで城福東京面白過ぎる。

長友くんと森くんのマッチアップ、カボレと寺田、カボレと伊藤宏樹、カボレと井川のマッチアップ、ジュニーニョと藤山のマッチアップ、鄭大世(チョン・テセ)と佐原のマッチアップなど、見所もたくさん。
佐原は恐かったねえ。古巣相手に気合が入りまくり、1枚イエローもらってても意に介さないプレーぶり、すぐ手が出るのも、これは癖のものだからどうしようもないけど、あらためて恐ろしい選手だなと。今回は岡田主審が流してくれたからよかったけども。
声援を送りながら、悲鳴を上げながら見て、終わったら声が枯れてました。あたしは城福監督か。

今季の梶山は、低い位置からの組み立てに専念してて、攻撃の起点という点ではちょっと物足りないけどね。実は今回は梶山の役割はアンカーで、前に出るのは社員・浅利の役なのだな。浅利の社員スルーパス、浅利の社員キープ、浅利の社員股抜き、浅利の素早い社員リスタートですよ。どうだ、驚いたか。
というか、今季、梶山がよくないと思っていたのは実は守備面であって、実効力のある守備ができていなかった。この試合は梶山がいいインターセプトを何度もしていたので、ああ、これができるのは調子が上がってきた証拠だわ、と思っていたところ。まあ見ててよ。

塩田の怪我が心配だ。終わってから挨拶に回らず、スタッフに抱えられて出て行ったからね。この試合、塩田の飛び出しのミスで失点もしたけど、ビッグセーブもあり、頭を打っても起き上がってゴールマウスを守り続けた。一番意地になっていたのが塩田だろうと思った。勝って本当によかったな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/19

4.18の晩ご飯

会社のイベントで午後から神戸に移動。
神戸の某ホテルで宴会。食い物はビュッフェ形式で、ポークロースト、チキン照り焼き、生ハム、炒飯、焼きそばなどなど。ビール。咳止めの薬を飲みつつ。

その後、専務のお供で中山手通のジャズの店でジャズライブを聴く。ピアノトリオ+女性ボーカル。『いつか王子様が』とか、あたしでも知ってるスタンダードな曲が多かったな。
I.W.ハーパーの水割り2杯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4.17の晩ご飯

火曜日くらいから咳が出てたんだけど、この日急激に悪化。寒けまでしてきたよ。
晩ご飯は、近所の肉屋のレバカツ。相方はヒレカツ。相方にごはんを炊いてもらい、味噌汁も作ってもらった。つわけで、晩ご飯は卵かけごはんとレバカツと味噌汁。伊右衛門茶。アミノバイタルプロを飲んで寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4.16の晩ご飯とナビスコ磐田戦

仕事で柏の葉方面へ。7時くらいまで現地、その後会社に戻り、9時くらいまで仕事の後始末。帰宅10時過ぎ。
柏で試合ならよかったんだが。ああ、味スタ行きたかった。ヨシカツコールしたかったよ。

晩ご飯は、フランスパン。ゴルゴンゾーラチーズ。ルッコラ、スナップエンドウ、プチトマトのサラダ。
味スタから帰宅した相方と、パンを喰いつつ録画していた磐田戦を見る。
この(どの?)磐田に勝ち切れなかったことはいかにももったいないが、今の茂庭で1失点なら御の字である(をい)。2点目が取れなかったことを反省すべきだろう。
赤嶺のゴールはすばらしかったね。打つタイミング、振り抜きの速さ。ストライカーだ。
心配なのは塩田だ。センターバックが日替わり状態で、一番負担が大きいのは塩田だと思う。土肥ちゃんだって、最終ラインが金沢、茂庭、ジャーン、加地で固定してた頃が一番安定してたんじゃないかな。

茂庭のことを考える。2002年から茂庭の成長を見守って来たつもりであるが、2006年以降の停滞感は、正直うーんという感じ。ワールドカップで精神的に打ちのめされ、2007年に結婚して新規まき直しをしようとした矢先に大怪我というのは不運ではあったけど。でもなあ。石川も梶山も憂太だって、大怪我に泣いたけど、リハビリで肉体をグレードアップして帰って来たよ。華奢になって帰って来たのはモニだけだよ。とりあえず肉体改造からはじめてみてはどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/15

4.15の晩ご飯

晩ご飯は、トマトとバジルのサラダ。レンコンのきんぴら。昨日の餃子のタネの残りとキャベツのざく切りの蒸し煮。ごはん。タマネギのコンソメスープ。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/14

4.14の晩ご飯

この記事読んだらむしょうに餃子が作りたくなった。さすがに(平日の夜なんで時間的に)皮の自作はあきらめ、市販の皮を買って帰る。
つわけで、晩ご飯は、キャベツ、ニラ、タマネギ、にんにく、豚ひき肉の餃子。ごはん。伊右衛門茶。柚子胡椒と醤油で頂きましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4.13の晩ご飯

NACK5から帰宅後、遅い昼食というかおやつに、さぼてんの北海道コロッケを喰った。
なので夜あまり腹が減らず、遅くなってから、パンにレバーペーストをつけて喰い、コーヒーを飲んだ。これで晩ご飯終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/13

JFAプリンスリーグ関東2008 1部リーグ第2節 浦和レッズユース vs. FC東京U-18

寒い雨だったけど、NACK5スタジアムに行って来ましたよ。
今年はこのチームを見るのが初めてだ。ついでにいうとNACK5も初めてだ。新しくて綺麗で、ピッチが近くて、素敵なスタジアムでした。メインスタンドのねー、お手洗いにねー、ウォッシュレット付いてるのよ。

重松健太郎くんがスタメンだった。去年は怪我であんまり出られなかったけど、こないだの湘南戦がよかったので抜擢されたのかな?中三の時二試合見ただけだけど(ヴェルディグラウンドでの深川対むさしと、高円宮杯決勝のガンバ戦)、強くて賢い子だな、という、印象的な選手であった。しかし今日は、2トップの下がり目でプレーしていたけど、下がり過ぎてボランチの位置まで行っていたり、後半消えている時間も多く、あまり攻撃にうまく絡めなかったような。帰りにユースに詳しい方と帰路をご一緒したけど、その人も、もっとサイドで起点になったり、裏を狙う動きがあってもよかったなあ、とのことだった。
前半終了間際にセットプレーから先制され、これって昨日の東京ダービーじゃん、と思ったけど、残念ながらU-18には大竹がいなかったのだった。
浦和は球際も強く、狙いもはっきりしていて、強かったです。
後半、湘南戦と同様須藤くんを入れ、その須藤くんが狙い通り頭で決めて同点、ここで試合を一旦落ち着ければよかったんだけど、直後のセットプレーで、集中力を欠いたか、アンラッキーな失点をしてジ・エンドとなった。
後半ロングボールが多かったけど、空中戦では競れてなかったし、セカンドボールも拾えてなかったので、あまり効果がなかったかなあ。まあ、このチームは、攻撃の形も含め、これからという感じか。でもリーグ戦の試合数もそんなに多くないし、同点で終われなかったのはいかにももったいなかった。
気になるのは、ボランチのところが弱いというか、運動量も球際も、もっともっと強くないと、厚みのある攻撃ができないんじゃないのかな、というところ。
しかしU-18は、夏を越えると個々人が成長して、また全然違うチームになったりするので、そういうのをじっくり見れたらいいなと思います。去年よりはトップチームと日程かぶらないはずだし。

最後に、メンバー表を作って配って下さった方々、お手製の旗を貸して下さった方々、ありがとうございます。名前や愛称、特徴がわかって見ると、いいものですね。相手選手まで網羅してあって、感謝感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4.12の晩ご飯

飛田給某所で、白身魚の唐揚げあんかけ、炊き込みご飯、刺身、焼き鳥、ナンコツ唐揚げ、エイヒレなど。ビール、ビール、ビール。みんな満足して幸福で、ほっぺがぴっかぴかだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008 J1 第6節 東京ヴェルディ vs. FC東京

お帰り、ヴェルディ。寂しかったよ。帰って来てくれて嬉しいよ。

三年振りの東京ダービーである。よそのダービーはよく知らないが、東京ダービーはJで唯一、同じホームスタジアムを分け合うチームのダービーである。いつもの道を通っていつものスタジアムに行くのに、様子が違う。普段青赤いところが緑色である。味スタなのにアウェー側である。自分の指定席に他人が座ってるわけである(ちょっと嘘。ヴェルディはメインの二階使ってないらしくて空席だった)。
誰が何といおうと、これは特別な試合。ダービーは勝ってこそ華、負けて落ちれば泥である。サポーターもテンション高い。どんなにいい内容でも、どんなに選手が頑張ってくれても、負けたら糞である。逆に、オウンゴールだろうがペナルティキックだろうが、点取って勝ってくれたら大喜びである。
うーん、勝ったからいうのも何だけど、いい試合だった。というか、全然いいサッカーじゃない、ヴェルディもFC東京も、すっぴんの、なりふりかまわないどつき合い、非常にプリミティブなフットボールだったように思う。いつもいつもこうだったら何だけど、ダービーだから許す。
ゴール裏も、アウェーだからか、妙に一体感があったね。

土肥ちゃんはピンクじゃなかった。みんななんとなくがっかりして、でもちょっとほっとしていた。土肥ちゃんがダービー前にいろんなメディアでこっちを煽ってくれたおかげか、それともやはりダービーであることの方が優先されたか、みんな普通に土肥ちゃんにブーイングしてたなあ。
福西は気合い入ってたな。ちょっと気合い入り過ぎだったんじゃないかと思う。昨年一年で福西の楽しみ方を知った東京サポーターたちではあるが、敵に回すとやっぱひどい選手だと思うな(笑)。肘だけじゃない、今ちゃんの顔に完全にパンチ入れた。そういや梶山がダービーモードであった。ダービーと浦和戦は梶山は変なスイッチ入るからね。福西と相当やり合ってたと思う。
前半は引き気味で、ボランチがカバーするエリア広すぎるでしょう、なんていってたけどね。みんな大竹が入るのを待ってた。見事に流れが変わっちゃいました。思うにあれは、大竹を入れるところが、反撃ののろしなんだね。スイッチ入った東京。大竹が前線を活性化し、走り回るよ。凄いよ。アイディアの豊富さ。それを支える安定したテクニックね。
チーム全体も後半はコンパクトにして、高い位置でボールを動かし、厚みのある攻撃ができてた。

あたしは応援で勝たせるとかそんな不遜なことを信じてはいない。ただ、この試合のように、数年に一度くらい、選手の熱いプレーがサポーターに火をつけ、サポーターの声援が選手を加速させ、そしてひとつになってぶち飛ぶ瞬間が、確かにある(ような気がする(妄想だが))。こういうことがあるから、ね。
そして長友の気迫が誘発したオウンゴールである。ゴール裏は長友のゴールだとみんな信じて疑ってなかったけど、録画で見るとヴェルディのディフェンダーの足が先に触ってたんだね。

試合後、ゴール裏に近づきながら煽ってくる塩田、嬉しそうな塩田を見ていたら涙が出た。これは塩田の戦い、土肥ちゃんとの戦いでもあり、自分との戦いでもあったのだなあ。
そして、ああ、羽生さんシャーかわいいよ羽生さん。
ちなみに、福西が試合終了直後の整列でストレッチをしていたのは、ほらあの、猫が高いところからの着地に失敗したりしたあと、何かを誤魔化すように毛づくろいするじゃない?あんな感じだね、と相方と話したことでした。

さて、今年はまだもう3回、東京ダービーがあるのだ。へろへろー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

4.11の晩ご飯

晩ご飯は、鶏ひき肉のバジル炒め。三種の豆のサラダ(ソラマメ、サヤインゲン、スナップエンドウ)。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4.10の晩ご飯

晩ご飯は、ジャガイモ、タマネギ、牛肉のボルシチもどき。もどきなのはキャベツが入ってないからね。ルッコラのサラダ。コンテ(チーズ)。ごはん。六甲のおいしい水。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/09

エメルソン復帰遅れも

東京MFエメルソン復帰遅れも - サッカーニュース : nikkansports.com
うーん…。ダービー出たがっていたんですけどねえ。
今度は本当にじっくり治して欲しい。がっくり来てないといいけど。

つわけで、週末は東京ダービーですよ、奥さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4.9の晩ご飯

晩ご飯は、鶏肉、タマネギ、パプリカ、ジャガイモを炒めたものを卵でくるんだオムレツ。キュウリの塩もみ。味噌汁。ごはん。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/08

アマラオ引退試合

元東京アマラオ氏、サポーター企画引退式 - サッカーニュース : nikkansports.com
これは嬉しいねえ。5月11日は絶対空けないとだわ。
あたしがアマと過ごした東京での日々は2シーズンだった。それでもこんなにアマが大好きになったのだから、12年間も喜びや悲しみを共にしたファンはさぞかしと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4.8の晩ご飯

晩ご飯は、タマネギ、パプリカ、キュウリ、トマト、鶏ささみ、カリカリ梅のサラダ。レンコンのきんぴら。ジャガイモの味噌汁。ごはん。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4.7の晩ご飯

晩ご飯は、花見の残りの手羽肉をレンコン、しいたけとスープにしたの。タマネギ、パプリカ、キュウリ、トマト、これも花見の残りのミモレット(チーズ)のサラダ。花見の残りのさつま揚げ。ごはん。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4.6の晩ご飯

Sakura
プリンスリーグ開幕が気になったりもしたけど、恒例の花見。
今年は冬寒かったし、サッカーの日程の都合などもあって早々と4月6日に決めていたのだけど、3月もなかばを過ぎてから開花が加速したので、6日にはもう花がまったくないのでは?と、ちょっとどきどきした。かろうじて間に合ってよかった。まったくの葉桜だったら、非サッカーファンに申し訳ないところであった。
日差しも暖かく、花吹雪が時おり舞い、美しい一日となった。
あたしと相方は出遅れたため、着いた頃にはみんなお腹いっぱいになって出来上がっており、それ以外にも、海老や肉を網焼きしたのなどがたくさん残っていたので、こっちはパンやチーズ、ワイン、コロッケ、甘いものなどどっさり買って行ったのに、大半を持ち帰ることに。コロッケは自分で喰い、ワインは1本辛うじて開け、フランスパンは1本友人に持ち帰ってもらったが、それでも重かったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4.5の晩ご飯

飛田給某所で、揚げ物盛り合わせ、カジキごはん、さつま揚げ、ナンコツ唐揚げ、焼き鳥。ビール。鉄幹お湯割り。久々の勝利の割りに、いろいろ反省会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/05

2008 J1 第5節 FC東京 vs. コンサドーレ札幌

連戦の疲れか、低調な出来。こんな試合は勝たなければどうしようもないわけだが、そういう意味では勝ててよかった。
ブルーノ、佐原だが、佐原は前節から、ブルーノは今節初登場の選手であり、ガクガクブルブルだった。その上佐原が試合開始直後いきなり空振りしていたのには、見ている方が頭抱えたりもしたけど、この二人、スピードはないにせよ、空中戦はほぼ勝ち、前線へのフィードも正確であった(当社比)。役割分担がもっと整理されてはっきりすれば、安心して見ていられるようになると思う。2人ともいい男だしね。見栄えのするセンターバックである。札幌の放り込みには問題なかった。スピード系フォワードに対してはどうするんだろうな。
大竹とカボレがたいそうよく、浅利は素晴らしかった。浅利を入れ、羽生を前に出したこの布陣は、マリノス戦の失点に対する城福監督のアンサーということになる、んだろうなあ。札幌はクライトンが前から後ろから一人で全部やってるかのようなチームだったが、うまく浅利がついて、決定的なことをさせなかったと思う。浅利は凄く積極的で、前に出てボールに絡み、おまけに1アシストしてしまった。ニュー浅利素晴らしい。こういう人が、プロよりもプロらしく、いつ出てもできるよう準備をし、実際に出場すると結果を出してくれる、嬉しいことだ。
梶山は、前半は悪くなかったけど、後半消えてたし、こんな出来では物足りなかったなあ。
金を払うに値するプレーを見せてくれたのは、18歳の大竹洋平である。カボレとの連携もどんどん良くなっているし、セットプレーの精度も上々。ゴールに向かう意識も高い。初ゴールも時間の問題であろう。大竹のかわいいシャーと、アマラオの年季の入ったシャーを見たなあ。
羽生さんも最後まで走り、スペースを作ってくれたし、交代で出た赤嶺も、ゴールこそなかったが、ボールを落とし、キープし、充実したできであった。
札幌は、後半、8番砂川と9番が入ったらいい形ができるようになり、11番が入ったら怖かった。追加点が入らないままずるずるいってロスタイムに同点弾とかやめてよ、といいつつ緊張しながら見てたよ。いや本当、今季はスタメンは読めないわ試合は見ていて緊張して疲れるわ、いやいや、楽しみが多くて結構なことだ。

それにしても松尾主審、下手くそだったなあ。つまらないことで止め、ボールの位置をうるさくいい、アドバンテージを全然取らない。その割に、引っ張ったり引っ掛けたりという危ないプレーは流す。札幌、東京いずれのサポーターもストレスだったことでしょう。今年からSRなんだけどね、この人。だからといって、クライトンはちょっと文句いい過ぎ。

さあ、次節は久々の東京ダービーですよみなさん。梶山、大竹、森村、吉本…。ヴェルディだけには負けられないことを、身体の奥底からわかっている選手が増えて来たよね。楽しみ楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4.4の晩ご飯

神戸空港で、お約束のフロインドリーブのクッキー、皇蘭の一口餃子を買って帰宅。
晩ご飯は、相方がごはんを炊き、餃子を焼いてくれた。あと伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4.3の晩ご飯

神戸出張。
晩ご飯は、神戸の上司と、高架下の居酒屋で、平目の刺身、穴子入り出し巻き卵、シーザーサラダ、豚黒こしょう焼き、コロッケなど。ビール。黒霧島お湯割り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/03

4.2の晩ご飯とマリノス戦

仕事で柏方面へ。マリノス戦は相方のみ参戦。
帰りに、営業の運転する車の中で携帯で速報をリロードしていると、かえってイライラしてしまったので、途中で見るのをやめてしまった。

10時半頃帰宅し、パンとチーズ、スーパーで買ったお惣菜など食べていると相方が帰宅。横浜駅で買ったシウマイ弁当を三ツ沢で喰ったはずの相方もパンとチーズを所望するので、二人でもそもそとパンを喰い、牛乳を飲みながら、録画してあったマリノス戦を見る。
実況音を絞り、相方が録音して来た現場音声をバックに見ていると、結構なんというか臨場感。
あー、まあ、今の強いマリノス、しかも鹿島との大勝負を前節落としてしまい、勝ちたい気持ちの高いマリノス相手では、今の中途半端な東京のサッカーでは、こんなものなんだろうな、という印象である。しかしこんなにスタメンを変えてしまっては、コンビネーションも何もないな。
梶山は、怪我明けはいつもこんなものなんだけどね、相手が悪かった。しかし、梶山が悪いと負け、とかいつまでもいってられないわけで、悪い時には悪い時なりのプレー、シンプルな、リスクを負わないプレーができるようにならないと、10番の責任てものに欠けると思うなあ。ワンマン社長が、周囲を信用できずに自分で全部やろうとして自滅してるような、そんな感じか。
あと、大竹が、短期間に急激にいろいろ勉強してる様子が、心配でもあり楽しみでもある。そういう(どういう?)意味では、城福監督もな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/01

大竹洋平選手がU-19代表候補に

ニュース | U-20日本代表 | 日本代表 | JFA U-19日本代表候補 トレーニングキャンプ(4/6~9)メンバー
F.C.TOKYO:U-19(FIFAU-20ワールドカップ2009)日本代表候補 トレーニングキャンプ(4/6~9)メンバーに 権田修一選手、大竹洋平選手選出のお知らせ
大竹選手がさっそく呼ばれましたね。あの年代でJ1であれだけ目立つ活躍をすれば、そりゃそうか。いや、めでたい。めでたいが不安だ。梶山といい馬場憂太といい、こないだ権田くんもそうだったけど、代表に行くと結構怪我してたからなあ。
せっかくチームでレギュラーの座を手にしつつあるのだから、くれぐれも怪我には気をつけて、アピールして、無事に帰って来て欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4.1の晩ご飯

晩ご飯は、タマネギ、パプリカ、キュウリ、ハム、シソのサラダ。豚肉しょうが焼き、ホウレンソウのすり胡麻かけ。ごはん。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八潮駅に大竹洋平幕

大竹洋平幕:TOKYO大好き!:So-net blog
八潮駅に大竹洋平幕が掲げられてるんだそうです。地元に応援されて、ありがたい、嬉しいことだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.31の晩ご飯

晩ご飯は、トマト、タマネギ、キュウリ、パプリカ、スナップエンドウのサラダ。ちくわの卵炒め。ごはん。ジャガイモとシソの味噌汁。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.30の晩ご飯

飛田給某所で、カキや白身魚、お揚げ、キノコの鍋、竹の子ご飯、さつま揚げ、エイヒレなど。すっかり冷えてしまったので、ビールは抜きで、いきなり鉄幹お湯割り。
みんな満足して幸福で、大竹を愛してしまっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008 J1 第3節 FC東京 vs. 京都サンガFC

面白かったねえ。こればっかりゆってるな。でも面白かった。
京都は、シジクレイ、角田という強い選手がボランチにどーんと。それに徳重おるし、柳沢も佐藤勇人も。まっすぅもがんばっているよ。なかなか豪華な面子である。球際も強いしさ。普通に強かったですよ。
東京は怪我人続出、近藤祐介は前からだけど、エメルソン、梶山、石川、今日スタメン獲ると思われていた小山も怪我。トーチュウで怪我と報じられた徳永はなんとか無事。いやこの状況で、負けなくてよかったんじゃないでしょうか。
大竹がよい。さすがに対策されつつあるのか、京都に対しては結構手こずった、抑えられている時間も多かったと思う。それでも、抑えられながらもぎりぎりの実効力のあるプレー。この人はユースの時から、マークがきつくても、ピッチがゲテゲテでも、可能な限りゴールに結びつくプレーをしてくれる。そういう強さがある。それにセットプレーの精度が格段に高く、こんなにセットプレーが得点の匂いがしたことは、トップチームではここ数年なかったんじゃないかな。ユースではそんなにセットプレー決めてたわけじゃないって聞いたけどね。他にキッカーがいたのかな?
先制点はコーナーから吉本。「秒殺!トーキョー」コール。吉本がホームで得点したのは本当によかった。ヘッドかと思ったら足で。羽生さんに向けたゆりかごパフォーマンス。吉本、そんなにぶんぶんしたら赤ちゃん壊れちゃいますよ。ああ、ぼくたちあたしたちは、今後何年にもわたり、何度、吉本の嬉しそうな顔を見て、何度、泣き顔を見ることになるんだろうね。ユースの時も大泣きしたのを見たなあ。

まっすぅの噂のロングスローを生で見た。結構真ん中へんまで投げたね。いろいろ、頑張ってる。来年どうなるだろう。
シジクレイは相変わらず、「残念、そこはシジクレイだ」状態であり、非常に効いていた。真ん中にあんなでかいのがいて、うざいったら(褒めてます)。この人も日本長いよね。元気そうで嬉しいよ。
モニは吉本と長友が最終ラインにいると、カバーとか指示とか大変だと思うけど、セットプレーの守備はもうちょっと何とかならないですかね。ファウル主張してる暇に身体を鍛えなさい。吉本がボール持つと結構観客もみんな怖がって悲鳴上げたりして、何だか2002年頃の茂庭を思い出す。今ちゃんがまだ、うまく城福サッカーにフィットしてない気がして、じれじれしました。金沢のボランチという珍しいものを見た。何とか、そつなくこなしている印象である。
京都は田原を入れて猛攻。田原も恐い選手になったものだ。6年前は、妙に石川ナオに懐いている、でかい犬みたいな選手だったのに、今では凶暴な熊のようですよ。そういや、あのゴラッソなミドルシュートの渡邉大剛、この人は渡邉千真のお兄さんなんだね。寡聞にして知りませんでした。

シーソーゲームが同点に終わり、試合後、羽生さんと佐藤勇人がユニフォームを交換していた。Jリーグでこういうの、たぶん初めて見たな。不思議に静かな、いいシーンでした。

さあて、水曜のマリノス戦は行けそうにないですが、ここで勝ち点を取れるかどうか。ここまで、理想を掲げつつも、相手チームへの現実的な対策も忘れない城福東京でしたけれども。梶山はもうOKなのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.29の晩ご飯

晩ご飯は、グリンピースを入れて炊いた豆ごはん。オクラとめかぶをかけた豆腐。蕪の漬物。ニンジンとレンコンのきんぴら。イサキの刺身。味噌汁。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.28の晩ご飯

晩ご飯は、タマネギ、パプリカ、キュウリ、蒸し鶏のサラダ。蟹入りスクランプルエッグ。マフィン。コーヒー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.27の晩ご飯

晩ご飯は、菜の花のおひたし。ハムエッグ。ジャガイモの味噌汁。じゃこと梅のごはん。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.26の晩ご飯

晩ご飯は、タマネギ、パプリカ、キュウリ、ロメインレタス、ひよこ豆、プチトマト、ルッコラのサラダ。パン。六甲のおいしい水。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »