« 5.9の晩ご飯 | トップページ | 5.10の晩ご飯 »

2008/05/12

2008 J1 第12節 FC東京 vs. 柏レイソル

寒かった。UK Dayのフィッシュ&チップスなのか、あたりにはお酢のにおいが漂い(モルトビネガーってあんなにおいだっけ?)、そして試合内容も酸っぱかった。
柏は名古屋ほどガシガシは来てなかったし、スペースもあった。アタッキングサードまではボールが運べていた。そこから先はアイディアが、あるいは怖さが不足だったと思う。柏にしてみたら、持たせておいて、中盤は好きにやらせておいて、ゴール前ではね返せばいいのだ。
連戦の最後の試合、披露はピークだったと思うけど、身体よりも、精神的な疲労、つまるところ、考えるのが面倒くさいんでしょう、みたいな気が。

このゴールデンウィーク5連戦で、勝ち点が、最低でも6、できれば8取りたいな、と勘定していたので(あたしが勘定してどうするだが)、最低線はクリア、もうちょっとがんばりましょう、という気持ち。

久々の浄くん左サイドバックはよかった。からめ手の守備、上がりのタイミングもばっちり。でもねえ、徳永とモニがねえ。やるべきことの最低限やってればそれでいいってもんじゃねえぞ。もうちょっとボールに執着して欲しいんだけどなあ。
名古屋戦とは違って、試合後、何かむしょうに悲しかった。

|

« 5.9の晩ご飯 | トップページ | 5.10の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/41186437

この記事へのトラックバック一覧です: 2008 J1 第12節 FC東京 vs. 柏レイソル:

« 5.9の晩ご飯 | トップページ | 5.10の晩ご飯 »