« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008/06/29

2008 J1 第14節 FC東京 vs. ジェフユナイテッド千葉

7分、目測を誤ってレイナウドに行かれてしまい、今ちゃんの退場を招いたのが佐原ならば、39分にセットプレーからうまく回り込んで千葉のゴールキーパー立石のニアを抜いたのも佐原、後半傷んで治療で出ている間に同点にされた、それも佐原という、終わってみれば佐原オンステージ。

早い時間の今ちゃんの退場だったが、一人減ったのをしばらく認識できないくらい、前半の東京は10人になってもしっかりボールを回していた。いいチームになったものだ。中盤の底の梶山がすばらしかった。エメは最後まで走りきり、平山もすごく積極的で、ボールを最後まで追っていて、よかった。ペナルティーキック、平山に蹴らせてあげたかった。残念だ。
後半、佐原が外にいる間の戦い方は悔やまれるなあ。松本でもこういうのあったよね。

終わってから、平山が千葉のボスナー(でかい4番)と仲良ししていた。聞くと、ヘラクレスで一緒だったのだそうだ。面白いね。サッカーやってるとどこかでまた再会したりするんだね。

今、アフターゲームショー見てるけど、ジョーくんのスパイクがもろに佐原の頭に入ってて、佐原流血すごいですよ。血まみれですよ。うわー。こりゃ治療に時間がかかるよ。うーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/28

6.28の晩ご飯

家庭内でちょっとした祝い事があり、晩ご飯は相方と、水道橋『菩提樹』へ。以前、二子玉川にある『菩提樹』に行ったことがあったが、水道橋は初めて。
相方はヒレカツ定食(大)、ウーロン茶。あたしは海老フライトヒレカツの盛り合わせ定食、アウグスビール。カニとトマトのサラダをシェアして。おなかいっぱい。

総武線で帰宅途中、千駄ヶ谷からたくさんの赤い人々が乗車。ありゃ。FC東京の試合が明日なので忘れていたが、今日も試合があるのだったな。いかん、中断期間で弛緩していたようだ。気を引き締めたりしてね。
明日の千葉戦は、中盤も最終ラインもどういう先発メンバーになるか、全く予想がつかない。わくわくするね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6.27の晩ご飯

晩ご飯はフランスパンにオリーブオイルをつけて。あと、ソーセージ、目玉焼き、トマト、コーヒー。朝ご飯のような晩ご飯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

打海文三『愚者と愚者』(角川文庫)

打海文三『愚者と愚者(上・下)』(角川文庫)読了。
前作『裸者と裸者』と同じく、上巻はカイト、下巻は月田姉妹、ではなくて、桜子を亡くした月田椿子が中心の話になっている。「でたとこ勝負だ!」と叫んで戦いの渦中に突っ込んでいくパンプキンガールズが、悲しいほどかっこいい。
ああ、戦争を止めるに武器を持ってせざるを得ない矛盾の必然も、内戦の悲惨と現実も、硝煙のさなかの愛と憎しみも、全てはここに、不思議な晴れやかさで描かれてる。
続きが読みたい。『覇者と覇者』が読みたい。それがもう叶えられないことが悲しくて悲しくて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ『図書館戦争』最終回

原作を読んでいなかったので、今回は観てから読もうと思っていたが、ついに最後まで読む気が起こらなかった。残念。丁寧な絵だったが、ストーリーは粗筋レベルというか、心を寄せるきっかけとなるディテールがついにつかめなかった。戦いも恋愛も、中途半端にしか描かれていなかったように思う。読んでから観た人はどう思われたことだろうか。
ところで、あの左手の敬礼はいったいどういう意味?原作読んでたらわかるのかしら。それとも、あたし何か見逃してた?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

6.26の晩ご飯

晩ご飯は、相方にカップ焼きそばを作ってもらう。あと、お茶。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

6.25の晩ご飯

晩ご飯は、そうめん。トマト、キュウリ、シソ、鶏肉のサラダ。伊右衛門茶。食後に佐藤錦。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6.24の晩ご飯

晩ご飯は、ひやむぎ。キュウリ、トマト、薄焼き卵、茹でた鶏肉を載せ、ぶっかけで。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6.23の晩ご飯

晩ご飯は、レトルトカレー。キュウリとトマトのサラダ。六甲のおいしい水。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/06/22

6.22の晩ご飯

Taralli家の中で行方不明の本(よくあることだ)を相方に探してもらったりしたので(おがんは探しものが苦手)、そのお礼に、午後じゅう使ってタラッリを焼くはめに。タラッリはイタリアの、なんだろう、堅焼きパンかな。
強力粉と薄力粉を半々、ドライイーストと塩と、オリーブオイルと、ワインなかったから日本酒で(をい)。生地を二等分して半分はカイエンヌペッパー、もう半分は黒こしょう味に。1センチの太さで11~12センチの長さに切って、輪っかにして、茹でてから焼くだす。ちょい焼き過ぎたかなと思ったけど、カリカりさくさくでうまい。できあいを買うより自分で焼いた方がうまいのはわかっているが、茹でて焼くから暑いし、小さいのをたくさん作るから時間かかるし、たまにしか作れない。
これにコーヒーで晩ご飯は終了。

タラッリをつまみながら寝たり起きたりしながらバーレーン戦を見る。モチベーションが難しい試合になってしまった。勝ってよかったのではないでしょうか。それよりも、今ちゃんが今の城福サッカーの、どこにどうハマるのかが気になる今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6.21の晩ご飯

低気圧のせいか日々の疲れか、あまり気合が入らない。
午後から本屋で新刊をあさったのみ。
晩ご飯は、総菜屋のスペシャルコロッケ。コーヒー。おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/21

FC東京ホットラインにチャンくんが

中断期間の青赤不足をFC東京ホットラインで補う。行けなかったソウル戦を30分やってくれたのはよかったな。カボレが切れ切れ。エメも。キャンプ情報も欲しかったけど、それは来週かなあ。
しかし一番嬉しかったのは、チャンくん(呉章銀(オー・ジャンエウン))がコメントをくれたところで。浅利と藤山を褒めていた。
16、7の子供の顔した頃から見ていた選手が、韓国で活躍して代表にも呼ばれ、古巣を忘れずにソウルに駆けつけてくれ、大人の顔になっており、ちょっと下手になった日本語でコメントをくれる、しかもチームのベテランたちに尊敬の念を示してくれる、しみじみと嬉しいものだね。こういう喜びは、クラブチームを愛することの、(いいほうの)副産物であろう。もちろん、こういうコメントをきちんと拾って伝えてくれるMXTVに感謝だ。
あたしはJリーグにおけるアジア枠の議論については懐疑的であるけれど、チャンくんが東京に気易くなるならアジア枠全然オッケーだわー。こういうダブルスタンダードは、クラブチームを愛することの、(いいほうとはいえない)副産物か。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6.20の晩ご飯

帰宅が遅くなり、晩ご飯は、ひやむぎ。昨日の煮菜の残りに、牛肉の細切れを炒め合せ、茹でて水で締めたひやむぎの上にのっけてぐしゃぐしゃにして喰う。相方は麺馬鹿で、麺の上に何かのせるのは邪道とのことで、麺はつけ麺にして、おかずとは別に喰っていた。あと、伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6.19の晩ご飯

松本で買って来た野沢菜漬がそろそろ賞味期限切れなので(をい)、煮菜を作った。塩出しして炒めた野沢菜と、ジャガイモ、じゃこ、打ち豆を煮合せる。あと、タマネギ、トマト、キュウリ、シソ、鶏のサラダ。味噌汁。ごはん。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6.18の晩ご飯

晩ご飯は、ポークソテー。タマネギ、キュウリ、シソのサラダ。味噌汁。ごはん。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6.17の晩ご飯

午後から新幹線で帰京し、普通に仕事。暑かった。

晩ご飯は、相方が茹でてくれたそうめん。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6.16の晩ご飯

研修所の晩ご飯。のはずが、研修会のメンバーで懇親会。ピザ、寿司、その他乾き物。ビール、ビール、ビール。地方の営業所の所長などと話すのは、あいかわらず楽しい。体験していることが自分と全く異なるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/15

6.15の晩ご飯

ソウル戦がキックオフされるのを尻目に、出張で西宮に移動。
晩ご飯は、東京駅で買った幸福弁当。これって以前あった東京弁当と中身が似てる。銀鱈粕漬がまあまあおいしい。あと、おーいお茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6.14の晩ご飯

朝、ホットケーキが喰いたくて粉をふるい、ベーキングパウダーを出そうとしたら切らしていた。しょうがないから卵白を泡立てて、とかやっていたら弟からメール。地震があったが父母も弟宅も無事、という知らせであった。あわててテレビをつけたら岩手、宮城近辺が大変なことに。
それにしても、ドコモの災害掲示板で連絡してくる弟の周到さときたら。

ソウルに行けなくてあれ(どれ?)なので、晩ご飯は相方と近所の焼肉。佐賀牛のお店とやらで、ネギ塩カルビとネギ塩ロース。三元豚。キムチ盛り合わせ。サンチュ。ワカメスープ。生ビール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6.13の晩ご飯

晩ご飯は、卵かけごはんと味噌汁。えびすめ。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6.12の晩ご飯

晩ご飯は、明太子スパゲチ。六甲のおいしい水。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6.11の晩ご飯

晩ご飯は、冷や汁(ミョウガ、きゅうり、シソ、豆腐)とごはん。何だか、暑くなったらそうめんと冷や汁をかわりばんこに喰うことになるんじゃないかという気がしてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6.10の晩ご飯

帰宅が遅くなり、晩ご飯は相方にそうめんを茹でてもらった。あと、フルーツトマト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6.9の晩ご飯

『青一髪』という麦焼酎を頂いた。なんでもなかなか手に入りにくい、小さな蔵元で作られ、三年以上熟成させた、幻のお酒だそうで、あたしのような不調法なものが頂いていいのかと思うが、会社の九州の営業の人と以前何かの集まりで酒の話になったときに、この酒の話を伺い、「呑んでみたいわー」みたいなことをいったのを憶えていてくれたらしいのだ。いったほうは忘れてたりする(をい)。ありがたく、お礼メールを書く。いつ開けようか。

晩ご飯は、ジャガイモ、鳥ささ身、タマネギのオムレツ。オクラとトマトのポン酢醤油。ごはん。味噌汁。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/08

6.8の晩ご飯

国立からの帰りにヨドバシカメラに寄り、CF-R2のバッテリを買って帰宅。

晩ご飯は、近所のインド料理屋で、スペシャルサラダ、ガーリックナン、チキンとジャガイモとホウレンソウのグリーンカレー、マハラジャビール。相方はチーズクルチャとダルマトン、マンゴーラッシー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008 Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグ 第6節 東京ヴェルディ vs. FC東京

平山ハットトリック達成!ダービーでやってくれたぜ平山。
あともうちょっと、もうちょっとなんですけどねえ、とじれじれしながら応援していた甲斐があったというものだ。
試合前の練習を見ていて、相方が「今日は平山がやるよ」と(冗談交じりに)いっていたけど、いやもちろん、それだけ練習の時から身体の切れがあってシュートもよかったわけだけど、まさかハットトリックとはね。
試合後、「平山トーキョー!」コール、「平山ニッポン!」コール、「ソリマチソリマチくそったれ」コールがあり、あたしも同調。どう考えても、チームで調子がいい時に呼ばず、調子が悪いときに呼び、候補から落としてみたり入れてみたり、平山からみたらどうしていいかわからない、反町に振り回されっぱなしのこの一年であったよ。
平山自身も今季はチームでなかなか調子が上がらず、サポーターの間でも毀誉褒貶、中には試合前の選手紹介から平山にはブーイングするやつもいて、おいらむかついてましたよ。監督が信頼してメンバーに入れてるのに、試合前からブーイングするなんてバカかと。ダメだったら試合後ブーイングしてもしょうがないが。
それにしても城副監督も辛抱して使ったよねえ。偉いよね。
つわけで、ダービーでハットトリックしてくれた選手は、今後ずっと特別な選手だと思うよ。

前半はバタバタしてしまって、特に中盤の守備が、試合前にいろんな方が心配していた通りというか、ブルーノと梶山のところのバランスがよくなく、すっかすかな印象、最終ラインもやりにくそうにやっていた。初スタメンの荻くんも不安定というか、大丈夫か荻、状態であった。あんな状態でも前半でイーブンに戻したことが大きかった。偉いぞ平山。
後半、梶山とブルーノの位置が修正され、守備が整理されたようで、セカンドボールも拾えていたし、危なげがなかった。正直、梶山が後ろ目で守備で効くなんて日が来るとは思わなかったわ。荻くんも、飛び出しの速さとか、反応の速さとか、持ち味を発揮していた。それでも、土肥ちゃんも当たってたし、4点目が取れるとは思っていなかったので、あれは嬉しかったねえ。もう、平山様様である。

試合後、長っ尻の東京サポーターにヴェルディサポーターが切れてしまって乱入があったのは残念至極である。勝ったら気分よく帰りたいよなあ。アウェーサポーターが長っ尻でホーム側のサポーターが切れて、というと、以前カシマスタジアムでマリノスサポーターがとか、日立台で名古屋サポーターがとか、そういう前例もあったわけで、東京のフロントスタッフが、そろそろやめてね、というモードに入った矢先の出来事であり、残念でならない。
あたしはゴール裏のちょいメイン寄りにいたんだけど、バック側で揉めている時間帯に、こっちから「川崎帰れ!」とか野次ったやつがいて、あたしと一緒に観戦していた子が「自分が安全なところにいるからって、無責任に何いってもいいわけじゃないと思うんだよね」と大きい声で嗜めていた。それはその通りで。
だからどうというわけではなく、東京も今は人数が増えてるけど、数を笠に着るサポーターにだけはなりたくないなと思った。あ、ちょっと、途中をすっとばしちゃったな。まあいいや。

試合前にテレビとかニュースに全く触れなかったので、秋葉原の事件について知ったのは試合後の電車の中で、知り合いに聞いてからである。なじみ深い街でのあまりの凶行に言葉もない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6.7の晩ご飯

久々に渋谷に出たので、晩ご飯は、ベトナム料理「ブーゲンビリア」で、生春巻き、揚げ春巻き、青パパイヤと鶏肉などのサラダ。あたしは333ビール、相方はマンゴージュース。食後にベトナムコーヒー。
「ブーゲンビリア」って20年以上前からあるよね。十年以上ぶりだけど、店の雰囲気も全然変わらないのでびっくりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薔薇空間 -宮廷画家ルドゥーテとバラに魅せられた人々-

Bunkamura ザ・ミュージアムで開催されている「薔薇空間 宮廷画家ルドゥーテとバラに魅せられた人々」を見てきた。
ボタニカル・アート(植物画)というものを最初に意識したのは、澁澤龍彦『フローラ逍遙』(平凡社、1987)だったと思う。装丁からして美しい銅版画の椿の絵で。水仙、椿、梅、菫といった章立てに、全て美しい図版がカラーで添えられ、その中でも目を引いたのが、「薔薇」の項のルドゥーテの銅版画、ロサ・ムスコーサ・ムルティプレックスという薔薇の絵であった。
で、まあ、その本物(いや、銅版画なんで版画ですけど)を見てきたわけです。銅版画であれだけ緻密な細部まで再現するって凄いね。ルドゥーテの薔薇も素敵だけど、間近にして見ると、彫版師の技にも気が遠くなりそうです。ルドゥーテの薔薇をモチーフにしたCGの展示、薔薇の香りまで添えられていて、ええ、もう、薔薇薔薇していておなかいっぱい。
若い女性から年配の女性まで、女性が多かった。薔薇をモチーフにしたゴスロリファッションの若い女の子とかいて、なるほどなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6.6の晩ご飯

SKYMARKの便が減ったせいで(なのか?)、新幹線で帰宅。
晩ご飯は、お土産に買って来た皇蘭の一口餃子を相方に焼いてもらって、あと、ごはん。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6.5の晩ご飯

神戸出張。出張先で会議で遅くなり、ホテルに入ったのが10時近かった。しょうがないのでホテルの近くのサンクスで、サンドイッチ、竜田揚げ、シシャモの焼いたの、ビールなど買い込む。
朝ごはんが付いていて安いからとったホテルだったのだが、チェックインしたところ、ツインのシングルユース、しかもオンデマンドで映画見放題という宿泊プランだったのだな。

もう遅いからそんな暇はないのだが、映画見放題といわれると見ないと損な気がしてしまうのが根っからの貧乏性というやつで。見たい映画が特になかったが(じゃあ見るなよ)、デスノート(実写のやつな)の前編をやっていたので見る。あれだね、Lの役の人はすごいハマってるね。この人、今度のデトロイト・メタル・シティーの実写版映画でヨハネ・クラウザーII世やるんだよね。凄そうだなあ。でも、藤原竜也は夜神月にはとても見えない。んん、誰ならいいんだろうなあ。死神に「悪魔」といわれる役だからなあ。ああ、リュークのCGはよかったね。それにしても、デスノート(原作)の面白さって騙し合い、罠の張り合い、裏の読み合い、コンゲームの面白さだと思うんだけど、映画はこれ何を楽しめばいいんでしょう。一昨年の映画、しかも前編だけ見て、あたしは何をゆってるんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6.4の晩ご飯

晩ご飯は、レトルトカレー。味噌汁。六甲のおいしい水。うちのレトルトカレーのデフォルトは、相方がカレーマルシェの中辛、あたしは中村屋のチキンカレーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6.3の晩ご飯

晩ご飯は、豚肉の冷やしゃぶ、ゴマだれとポン酢醤油で、水菜、パプリカ、トマト。味噌汁。ごはん。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/02

6.2の晩ご飯

晩ご飯は、牛肉のサヤインゲン巻き。トマト、タマネギ、パプリカ、キュウリ、ジャガイモ、グリンピースのサラダ。茄子、ミョウガ、シソの味噌汁。ごはん。伊右衛門茶。

えー、Let's note R2のバッテリーがそろそろ終焉なのか、やばいくらい熱くなるので、危ないからバッテリー抜いてACで使っております。ヒモ付きうざいです。そろそろ買い替え時か。次はDVDドライブ内蔵にするかなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6.1の晩ご飯

晩ご飯は、ニラソースの豆腐。フルーツトマトのサラダ。茄子、ミョウガ、シソの味噌汁。ごはん。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5.31の昼ご飯と晩ご飯

WasabinaMori
えー、松本に着いてすぐ、蕎麦を喰ったですよ。
相方が蕎麦好きなんで、喰えるだろうと、松本の1人前のポーションの多い蕎麦を2人前。
あと、あたしが、わさび菜のおひたしで地酒を一杯、その後、温かい種ものが食べたかったので、山菜ののった田舎蕎麦を1杯。最後、食べ余して相方に喰ってもらった。
そうしたら、さすがに二人とも食べ過ぎまして。
で、試合後は、三田涼子ちゃんや前田治さんなんかと同じスーパーあずさでとっとと帰宅。
晩ご飯は、松本駅前で買ったネギ味噌せんべいとお茶。もう、しばらく蕎麦はいいわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008 Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選第5節 FC東京 vs. 清水エスパルス

久々のアルウィンは、あいにくの寒い雨。
これ最初っから清水は後半狙いだったんだねえ。やられた感が強い分がっくしだ。
藤本淳吾が入ったら清水は全然違うチームになった。東京は後半足が止まってしまった。
ブルーノの1点目なんて本当に素敵で、わくわくしたんだけど、ああ、追加点が。前半の平山のあれが入っていたら、ひょっとしたら虐殺モードだったかも知れないなあ、なんてね。
まあ、勝ちは勝ち、負けは負け、引き分けは引き分け。負けに等しい引き分けなんてない。これは単なる引き分け。と、自分に言い聞かせるしかありません。
どうも、うちの監督さんは、清水戦は後手にまわる印象だなあ。これが相性ってものなんだろうか。
佐原を責める声も多いが、いや直接的にはそうだけど、後半の後半、サッカーする位置が低過ぎたから、早晩やられるなと思ったよ。同点にされた時間が遅かったから、清水が無理に攻めてこなかった、逆転されなかったのが不幸中の幸いってなもんだ。
そういう試合の中でも、藤山の読み、浅利のがんばり、金沢の積極性、このベテランさんたちのすばらしさは特筆すべきと思う。
次は必ず勝とう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5.30の晩ご飯

晩ご飯は、ポークソテーのニラソース。タマネギ、パプリカ、じゃがいも、スナップエンドウ、キュウリ、シソ、プチトマトのサラダ。茄子の味噌汁。ごはん。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5.29の晩ご飯

晩ご版はレトルトカレーに目玉焼きのっけ。ヨーグルト。六甲のおいしい水。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5.28の晩ご飯

晩ご飯は、豆腐、茄子、ネギ、ミョウガ、シソ、キュウリの冷や汁。ごはん。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5.27の晩ご飯

晩ご飯は、茄子、ミョウガ、キュウリの冷や汁。ごはん。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5.26の晩ご飯

遅くなったので、晩ご飯は、相方に妻有そばを茹でてもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5.25の晩ご飯

飛田給某所で。刺身盛り合わせに「のれそれ」が。珍しい。あと、魚のトマトソース。焼き鳥。ナンコツ唐揚げ。サラダ。エイヒレ。ビール、ビール、ビール。
いやもうサッカーの話してて楽しくて楽しくて。去年のあれ(どれ?)だった頃は、サッカーの話しないでひたすら別の話してたよね。古いドラマやアニメの話とか。相続の話とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »