« 6.26の晩ご飯 | トップページ | 打海文三『愚者と愚者』(角川文庫) »

2008/06/28

アニメ『図書館戦争』最終回

原作を読んでいなかったので、今回は観てから読もうと思っていたが、ついに最後まで読む気が起こらなかった。残念。丁寧な絵だったが、ストーリーは粗筋レベルというか、心を寄せるきっかけとなるディテールがついにつかめなかった。戦いも恋愛も、中途半端にしか描かれていなかったように思う。読んでから観た人はどう思われたことだろうか。
ところで、あの左手の敬礼はいったいどういう意味?原作読んでたらわかるのかしら。それとも、あたし何か見逃してた?

|

« 6.26の晩ご飯 | トップページ | 打海文三『愚者と愚者』(角川文庫) »

コメント

左手の敬礼には二度と戻らないものへの礼という意味があるらしいです。
特攻に行く人も左手の敬礼で送られていた例があったらしいです。
殉職された警察官が霊柩車で送り出されるときにも左手の敬礼で送ることがあるらしいです。

投稿: | 2015/07/07 16:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/41675460

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ『図書館戦争』最終回:

« 6.26の晩ご飯 | トップページ | 打海文三『愚者と愚者』(角川文庫) »