« 7.15の晩ご飯 | トップページ | 7.16の晩ご飯 »

2008/07/17

2008 J1 第17節 FC東京 vs. ガンバ大阪

うーん、勝てた試合を、と思うか、負けなくてよかったとするか。

開始6分でルーちゃんにやられた時は、あちゃー、今日は虐殺か、と思ったんですけどね。徳永のゴールは美しかった。前半のいい時間帯で追加点が入らなかったことが悔やまれる。

それにしても、石川ナオは切れ切れだった。コンディションがいいだけでなく、プレーの幅も広がっていて、ガンバに対して脅威になっていた。長友とのコンビネーションもいい感じで、まるでかつてのイシ加地二段ロケットを彷彿とさせる瞬間もあった。スペクタクルだった。それなのに、はい時間ですからとばかりに交代させられた時は、それ何て人間力、とか思ったし、代って入ったエメが足にボールがついてない状況だったので、よけい腹が立ってしまったのだった。あれでカウンターの応酬になって、後半出入りの多い疲れるゲームになってしまった。まあ消耗はガンバもそうだったようだけど。
こっちは中二日、ガンバは中三日、どちらのチームも、もう少し、いい状態で試合させてあげたかった。後半のへろへろ具合は涙が出そうなくらいだった。そういう意味では浅利ってすごいね。最後まで足が止まってなかった。

思うに城福監督は、この三連戦、勝ち点を度外視(ある程度ね)して、自分の理想のサッカーの現時点での表現形でもって、上位3チームと真っ向勝負してみたかったのではないかと思うし、石川というサイドのスペシャリストは、決して彼のサッカーの理想的なパーツではないのだろう(いや全くの憶測ですが)。
もちろん、監督というのは、観客にはうかがい知れないいろんな思惑で采配をふるうものだし、どの時点でどれほど勝ち点を伸ばすべきか計算すると同時に、1シーズン通してどのようなサッカーをしていくかにも配慮しなくてはならないのだろうとは思う。各選手に求めるものもいろいろあるだろう。
しかしサポーターというのは蛮族だ。あいや、乱暴だという意味ではなくて、目先の欲求に忠実、という程度の意味ですが、まあ野蛮な生き物なので、どうしても、取りこぼした目先の勝ち点を惜しむ気持ちが強い。それはもうそういうものなんで、しょうがない。だぁってよお、あのガンバになら勝てたよなあ?むきー。

ガンバというチームも何というか付き合いのいいチームで、相手の悪いところを消しにかかったりしない、グダグダならグダグダになってくれる。そういう意味では、人が善いというんですかね。鹿島なんかとは、まあ全然違うわね。
ストッパーの加地くんというのも結構笑えるというか、腰高な守備をして裏を取られて慌てて相手選手のユニをひっぱってイエローもらってた加地くんが、いつの間に守備の人に。

さて、いつまでもうだうだしててもしょうがない。リーグは折り返し、もう目の前には京都戦である。鹿島に勝った京都である。この三連戦で学んだことがどう生かせるか。正念場だね。
それにしてもひどい日程だ。

|

« 7.15の晩ご飯 | トップページ | 7.16の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/41889989

この記事へのトラックバック一覧です: 2008 J1 第17節 FC東京 vs. ガンバ大阪:

« 7.15の晩ご飯 | トップページ | 7.16の晩ご飯 »