« 7.20の晩ご飯 | トップページ | 7.21の晩ご飯 »

2008/07/22

2008 J1 第18節 京都サンガFC vs FC東京(テレビ観戦)

今シーズン、仕事でスタジアムに駆けつけられないことは何度かあったが、今回のように最初っから生中継のテレビにかじりついたのは初めてだ。緊張したし、行けなかったのが悔しかった。なぜあたしを抜きに試合が始まってしまうのか。始まるよなあ。
中断明けからこっち、あんまりMovingしてない。はにゅーさんひとりがナイスランな今日この頃。これは、中断期間に省エネモードの練習をしたのが効き過ぎているのか、何なんだろう。なんて思いながら、今回の試合もそんな感じ。でもまあ、京都は暑そうだった。
京都は補強もしてるし、狙いははっきりしてるし、いいチームだった。春にも書いたような気がするが、渡邉大剛っていい選手だね。真面目で、最後までしっかりとしたプレーをするという印象。

梶山が疲労の蓄積か精度を欠いており、真ん中で散らすのが梶山だけなので、全体としてプレー精度を欠いてしまう。どちらのチームも足が止まり、京都はどんどんどんどん下がっていって、東京は中盤でボールを回してもゴールまで行けない。久々に「シュート打て!」コールが響いてたね。最後、正直もうダメかと思っていたので、ロスタイムに赤嶺がうまく決めてくれたときは、「入っちゃった」「うそっ」と相方と言い合ったことでした。涙出たわ。
負けなくて本当によかった。

内容はよくなかったけど、救いだったのは、この数試合、城福監督の交代策がうまくハマっていなかったのが、今回は、交代で入った選手がきちんと結果を出したこと。大竹は随所で精度の高いプレーで起点となり、エメと赤嶺で結果を出した。そのことが本当に嬉しかった。
カボレは何か問題を抱えているのかなあ。今の心配ごとはそれだ。

さあ、久々の味スタでマリノスを迎撃だ。あれ?えーと、梶山長友抜き?

|

« 7.20の晩ご飯 | トップページ | 7.21の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/41942837

この記事へのトラックバック一覧です: 2008 J1 第18節 京都サンガFC vs FC東京(テレビ観戦):

« 7.20の晩ご飯 | トップページ | 7.21の晩ご飯 »