« 9.27の晩ご飯 | トップページ | 9.28の晩ご飯 »

2008/09/28

2008 J1 第27節 コンサドーレ札幌 vs. FC東京(テレビ観戦)

スカパーで自宅観戦。

札幌が、しょっぱなからすごく積極的で、右サイド(こっちの左サイド)からどんどん来るし、玉際も強かったし、攻守の切り替えも速かったし、クライトンはあいかわらず走りまくりくるんくるんしまくり、そりゃあもちろん、難しい試合になるだろうとは思っていたけど、想像以上に厳しい試合となった。
前半風下だったし、みんなやりにくそうにやっていて、ミスも多く、慎重になろうとするあまり、受けてしまっていた。
何とかしのいで、後半から入った羽生さんがあっという間に負傷退場して交代枠を1つ減らし、その後すぐ失点した時、すいません、あたしこの試合、アキラメてしまっていました。ああ、この悪い流れは、この試合はちょっと無理か、そう思って心が撤収モードに入ってしまったのだ。
城福監督すいません。選手たち、現地で応援していたみんな、ごめんなさい。
今年の東京は、ここまで力をつけていたのだなあ。
日本人最多得点の赤嶺もよかったし、茂庭も頑張っていたし、石川は前節に引き続きよかったし、浅利はこの連戦を通して鉄人だったし、そして大竹。スーペル大竹ですよ。ファーストタッチがあのゴール。
残り10分で勝ち点3を取りに行った城福采配にも鳥肌が立った。
札幌が、よく準備されたすばらしいサッカーをし、吉田主審が流しぎみのいい笛を吹き、東京の選手もがんばったので、すごく締まったいい試合となった。

そしてスカパーのカメラが大竹の逆転弾の直後に東京ゴール裏を映した時、そこには知り合いの誰かれがみんないて、みんな壊れちゃっていたのだった。
ああ、いいなあ。
おいらも行って北海しゃぶしゃぶやウニやイクラや豚丼を喰って、ゴール裏で壊れたかったなあ。どっちが主でどっちが従かわかりませんが。
これだからアウェーは行ったもん勝ちなのだ。

負傷退場した羽生さんが気がかりである。肉離れっぽいという報道があったが、さて。

|

« 9.27の晩ご飯 | トップページ | 9.28の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/42626459

この記事へのトラックバック一覧です: 2008 J1 第27節 コンサドーレ札幌 vs. FC東京(テレビ観戦):

» コンサドーレ札幌は崖っぷち [注目のキーワード]
9/20第25節ロスタイムの失点により残留争いの最大のライバルであるジェフ千葉に敗北9/21川崎フロンターレからレンタルで獲得したDFの要である箕輪が対外試合で全治3〜4ヶ月の怪我9/23第26節大分トリニータとの試合でまたもロスタイム最後の1プレーで失点し敗北。これで4試合連続3失点、J1ワーストタイとなる10試合連続未勝利。9/2421日に負傷した箕輪が治療とリハビリのため離道9/25リーグ得点ランク2位12得点のFWダヴィが... [続きを読む]

受信: 2008/09/29 16:50

« 9.27の晩ご飯 | トップページ | 9.28の晩ご飯 »