« 10.25の晩ご飯 | トップページ | 10.26の晩ご飯 »

2008/10/26

2008 J1 第30節 FC東京 vs. 鹿島アントラーズ

今季自分が生観戦した中では、ベストの試合。いやほら、等々力行ってないし。
前半から集中した気持ちが感じられ、東京も鹿島もコンパクトにした緊密な空間の中で、スリリングな試合が展開された。東京は守備もよかったし、攻撃も、鹿島より厚みがあった。その中で点が入らなかったのは、ちょっとイヤな気もしたけどね。
後半開始からも、鹿島はどんどん前に来たけど、うまく抑えて、先制することができた。いい展開だった。石川は、前半からどんどん仕掛けていたし、クロスもセットプレーもよかったけど、カボレの1点目もいいアシストだったね。
塩田は飛び出しがやっぱ怖いねえ。1失点目もそうだけど、前半にも飛び出しておいてボールに触れてないプレーがあり、後半のマルキーニョスに対するあれも、ペナルティーキック相当だったと思う。勝ててよかった。アニキおめでとう。
内田のいる右サイドを、カボレと長友で崩すことができた、あれは面白かったね。カボレの突破力とクロス、カボレのキープから長友オーバーラップ、すばらしい。イシ加地二段ロケットも今は昔ですよ。
モニが、いい守備の後フィードを蹴り出してしまって笑いを取っていたのもよかった。茂庭完全復活という気がしました。なんでだ。
しかしびっくりしたのは大竹だ。いやそりゃ、ユースの頃から、どういう状況でも、落ち着いてゴールを狙う実効力のあるプレーをする子だなあとは知っていたけど、今季、ルーキーイヤーでこれほど結果を出すとは思ってなかったし、凄みがあるのは今日のあの3点目。3人に囲まれながら、前につんのめりながら押し込んだ。よかった、ラッキーだったと思っていたら、J's Goalの選手コメントによると、「ゴール前に走りこんだら、カボレからいいボールがきました。トラップもいいところに止められたので冷静に決めることができたと思います。」とかゆってますよ。びっくりして家に帰って録画を見たら、これが本当に狙ってやってるのがわかった。恐ろしい子。あの3点目がどれほど試合を楽にしたかを考えたら、これはもう値千金なわけだから。凄いねえ。

鹿島は小笠原不在のせいか、どんどん蹴ってきてたな、というのと、マルキーニョスがいまいち当たってなくて助かったなと。

いやもう、いい試合でした。
つーか、本来、ホームでは1シーズンに何試合も、こういう試合をしないといけない。今日お友だちを連れて来れた青赤な人は幸いでしたね。3-2というスコアも楽しい頃合いで。いや2失点目は余計だけど。

|

« 10.25の晩ご飯 | トップページ | 10.26の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/42914671

この記事へのトラックバック一覧です: 2008 J1 第30節 FC東京 vs. 鹿島アントラーズ:

« 10.25の晩ご飯 | トップページ | 10.26の晩ご飯 »