« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/26

2008 J1 第30節 FC東京 vs. 鹿島アントラーズ

今季自分が生観戦した中では、ベストの試合。いやほら、等々力行ってないし。
前半から集中した気持ちが感じられ、東京も鹿島もコンパクトにした緊密な空間の中で、スリリングな試合が展開された。東京は守備もよかったし、攻撃も、鹿島より厚みがあった。その中で点が入らなかったのは、ちょっとイヤな気もしたけどね。
後半開始からも、鹿島はどんどん前に来たけど、うまく抑えて、先制することができた。いい展開だった。石川は、前半からどんどん仕掛けていたし、クロスもセットプレーもよかったけど、カボレの1点目もいいアシストだったね。
塩田は飛び出しがやっぱ怖いねえ。1失点目もそうだけど、前半にも飛び出しておいてボールに触れてないプレーがあり、後半のマルキーニョスに対するあれも、ペナルティーキック相当だったと思う。勝ててよかった。アニキおめでとう。
内田のいる右サイドを、カボレと長友で崩すことができた、あれは面白かったね。カボレの突破力とクロス、カボレのキープから長友オーバーラップ、すばらしい。イシ加地二段ロケットも今は昔ですよ。
モニが、いい守備の後フィードを蹴り出してしまって笑いを取っていたのもよかった。茂庭完全復活という気がしました。なんでだ。
しかしびっくりしたのは大竹だ。いやそりゃ、ユースの頃から、どういう状況でも、落ち着いてゴールを狙う実効力のあるプレーをする子だなあとは知っていたけど、今季、ルーキーイヤーでこれほど結果を出すとは思ってなかったし、凄みがあるのは今日のあの3点目。3人に囲まれながら、前につんのめりながら押し込んだ。よかった、ラッキーだったと思っていたら、J's Goalの選手コメントによると、「ゴール前に走りこんだら、カボレからいいボールがきました。トラップもいいところに止められたので冷静に決めることができたと思います。」とかゆってますよ。びっくりして家に帰って録画を見たら、これが本当に狙ってやってるのがわかった。恐ろしい子。あの3点目がどれほど試合を楽にしたかを考えたら、これはもう値千金なわけだから。凄いねえ。

鹿島は小笠原不在のせいか、どんどん蹴ってきてたな、というのと、マルキーニョスがいまいち当たってなくて助かったなと。

いやもう、いい試合でした。
つーか、本来、ホームでは1シーズンに何試合も、こういう試合をしないといけない。今日お友だちを連れて来れた青赤な人は幸いでしたね。3-2というスコアも楽しい頃合いで。いや2失点目は余計だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10.25の晩ご飯

晩ご飯は、茄子と牛肉の炒め煮。レンコンのキンピラ風。えびすめを刻んで山椒の実の佃煮と共にごはんに混ぜ込んだの。みそ汁。ごはん。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10.24の晩ご飯

帰宅の早かった相方が、近所の総菜屋でコロッケと春巻きを買ってくれていた。つわけで、晩ご飯は、肉コロッケと春巻き。小松菜と鶏のゼリー寄せ。ごはん。タマネギのシソのみそ汁。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10.23の晩ご飯

晩ご飯は、小松菜と鶏のゼリー寄せ。目玉焼き。じゃこの佃煮。タマネギとシソの味噌汁。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/22

フクアリチケットと10.22の晩ご飯

千葉戦のチケット、午前中携帯からちょちょっと購入しようと思ったら、午前中に急な打ち合わせが入り、11時くらいにようやくアクセスしたら、もうアウェー自由売り切れですよ。どんだけ狭いんだよフクアリアウェー。
なんか、売れ行きでアウェー側拡張されて、追加が出るような気もするんだけど、まあ念のためというか、とりあえずメイン席を奢ってしまいましたよ。やられたぜ。

帰宅途中、相方が一本後ろの電車に乗っていると知り、メールをし合っているうちに乗り過ごして、急行だったもんだから2つ先の駅まで行って戻ることになった。馬鹿である。こないだヘッドフォンをカナルタイプのものに変えたのも敗因であろう。

晩ご飯は、レトルトカレー。茄子とがんも煮。トマトとタマネギの塩ポン酢。六甲のおいしい水。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10.21の晩ご飯

晩ご飯は、タマネギとトマトの塩ポン酢。茄子と厚揚げ煮。アスパラとソーセージ炒め。ごはん。味噌汁。お茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10.20の晩ご飯

晩ご飯は、タマネギとハムのマリネ、塩ポン酢とオリーブオイルとマスタードで。小松菜と鶏のゼリー寄せ。茄子と厚揚げの煮たの。サヤインゲンの味噌汁。ごはん。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェルメール展と10.19の晩ご飯

相方を付き合わせて、上野でやってるフェルメール展に行ってきた。夏頃からずっと、行かなくちゃ行かなくちゃといいつつ、はや10月である。ぎりぎりになると混むしな。
一番有名な『青いターバンの少女』は来ていなかったけど、『リュートを調弦する女』の光の具合などすばらしかった。
それにしても、特設ショップに置かれたフェルメール毛布やフェルメールマグカップ、フェルメールボールペン、フェルメールペンダントなどのグッズの山に面食らう。ちょっとあんましじゃありません?

晩ご飯は、EATALYで買った、大麦、スベルト小麦、レンズ豆、ひき割りえんどう豆のミックスを茹でて、サヤインゲン、フルーツトマトと一緒にサラダにしたの。オリーブオイルとバルサミコ酢で。豚肩ロースのガーリックソテー。ごはん。六甲のおいしい水。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10.18の晩ご飯

大分戦を観た後、妙に腹が空いて、相方に稲庭うどんを茹でてもらって比内鶏ダシで喰った。その後腹が減らず、結局これが晩ご飯ということに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/18

2008 J1 第29節 大分トリニータ vs. FC東京(テレビ観戦)

いちおう、まだ遠征は自粛中なんで自宅でテレビ観戦です。

「大分に、負けた~」「いいえ、慎吾に、負けたぁああ」
ああ、このネタいっぺん使ったネタでしたね。すいません。でもそんな感じ。どうしてうちは鈴木慎吾に勝てないんだろう。つーか、あれ壁の作り方失敗してんじゃんよっ。ぷんすか。
そして赤嶺、あの状況であの抗議はダメでしょう。怒ったら負けだよ。

怪我人続出で苦しい台所事情ではあったが、何とか踏ん張って欲しかった。崩されたわけではなくて、でも崩すこともできなかった。何度もあったコーナーキックのチャンスもものにできなかった。端的には大竹がいなかった。
でも、幸せそうな大分サポーターと、ホームだから負ける気がしなかったという大分の選手を見てたら、ああ、これだなって。
ホームで、味スタでもっと勝たせてあげたかった。というか、ホームであれだけ勝ち点拾えなかったら優勝なんて無理だなと思わされた。今シーズン一番の痛恨事だ。

現地で見てないせいか、余計なことまでくよくよ考えちゃったなー。
現地組のみなさん、お疲れさまでした。大分のおいしいものと温泉で慰撫されて帰って来て下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EATALYと10.17の晩ご飯

会社から帰りがけ、同僚が、代官山に新しくできたイタリアンスーパーに行くというので、ついていってみた。

Eataly Japan

代官山のおしゃれなブティックの雰囲気そのままでスーパーになっております。イートインやカフェもついてた。
思わずコーフンしてしまい、シチリア産オリーブオイル、モデナ産バルサミコ酢、黒オリーブの瓶詰、大麦やスベルト小麦、レンズ豆のミックス、24ヶ月熟成のパルミジャーノ・レジャーノ、白胡麻のルスティックなど、まだ重いものは持たないようにしてるというのに、重いものばかり買い込む。

ジャムやクッキー、チョコレートなどの甘味類、それから、パルマの生ハムなど肉類、それにもちろんワインなども気にはなったけど、さすがに無理です。持てません。それに安くはないしね。
北イタリアの店らしく、グリッシーニはやたらたくさんあるのに、タラッリは置いてない。ワインも北イタリアのばっかりだったと同僚がいってた。

カフェで、同僚は赤ワイン、おいらはロゼワインを一杯呑んで、帰宅。同僚が代官山駅まで荷物を持ってくれました。すまんね。

つわけで、晩ご飯は、シチリア産オリーブオイルとモデナ産バルサミコ酢を白胡麻のルスティックにつけて。それにパルミジャーノ・レジャーノ。黒オリーブ。六甲のおいしい水。ワインがないのはちょっとまぬけな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10.16の晩ご飯

現場仕事があり、へろへろで帰宅して晩ご飯のしたくをしていたら、相方は会社で飲み会があって中華を喰ったので晩飯不要とのこと。むきー。
晩ご飯は、トマトとカリフラワーの塩ポン酢。小松菜と鶏肉のゼリー寄せ。味噌汁。ごはん。伊右衛門茶。
相方は味噌汁だけおしょうばんしてくれた。ごはんの残りは冷凍。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10.15の晩ご飯

晩ご飯は、トマトとシソの塩ポン酢。インゲン、オレンジパプリカと牛肉の煮たの。ごはん。味噌汁。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10.14の晩ご飯

晩ご飯は、ネギ入り玉子焼き。ブロッコリとトマトのサラダ。ごはん。味噌汁。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10.12の晩ご飯

朝イチで美容院。アイザワくんの愛車ハーレーのオイル交換の話や、ロッシがいかに偉大かという話など。

午後は相方と待ち合わせし、買い物など。

晩ご飯は、Paulのパン(フロマージュ・フュメ)と、小松菜と鶏のゼリー寄せ。コーヒー。軽め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10.11の晩ご飯

国立からしょんぼりと帰宅。
途中、安売りのお菓子屋でチョコレートや何かをごっそり買い、あと、総菜屋でコロッケ、メンチなど買って帰宅。
ヤケ食い?

晩ご飯は、コロッケ。小松菜と鶏肉のゼリー寄せ。ごはん。味噌汁。お茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高円宮杯 第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会決勝トーナメント 準決勝 名古屋グランパスU18 vs. FC東京U-18

作陽と浦和の最後の方に国立についた。作陽はタレント揃いの浦和に一歩も引かずに戦っていて、素敵なチームだった。でもやっぱ浦和の原口元気くんはすごい決定力だな。

さて、名古屋と東京。
怪我や累積警告、それに受験などで主力を欠く、苦しい布陣の東京。岩渕くんのワントップでちょい下がり目に山浦くんがいたのかな。それでも前半はがんばってテンポよく攻めてたんだけどね。何というか、ディシプリンが行き届いた、いいチームだなと思った。
いくつかあったチャンスのどれかを決め切れていたら、また結果は違ったと思うんだけど。ちょっとづつ本職じゃないポジションが響いたかな。でもやっぱり、夏のクラブユースがこのチームのひとつのピークであり、10月のこの時期にもうひとつピークを作るというのは大変な困難があった、そんな気はしました。後半の後半は、ちょっと足が止まってしまったなあ。
ああ、悔しい。山浦、泣くな。畑尾、顔を上げろ。そういいつつ、やっぱり悔しいよね。ユースが負けて泣くのを見るのは本当に辛い。子供の顔した頃から見ていた選手たちだし。
名古屋はよく東京を研究していて、いいところを消していた。気になった選手は、7番奥村くん、8番磯村くん。
バックスタンドで応援していた、累積で出られなかった三田くんや重松くんが、どういった気持ちでピッチを見ているのか、そんなことを気にしつつ、国立を後にする。
さあ、またクリスマスまでがんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/11

10.10の晩ご飯

晩ご飯は、サツマイモとベーコンの炊き込みごはん。いつもこの季節、サツマイモだけで炊いているのだが、マイミクさんがベーコン入れてピラフにしているのを見て、やってみた。頂き物のベーコンを1cm角に切り、カリカリに炒めて、サツマイモと共にお米の上にぶち込んで炊くだけです。ベーコンのうまみがごはんに広がって、おいしかった。あと、小松菜味噌汁。レンコンの煮たの。出来合いの出し巻き玉子。伊右衛門茶。

明日は国立にU-18を見に行きます。怪我人や累積やらで苦しい戦いになると思うけど、是非決勝に進んで欲しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10.9の晩ご飯

晩ご飯は、前日のカレーの残りにトマトジュースとカレールーと鶏を追加して増量。キュウリ、ピーマン、シソ、トマトのサラダ。ヨーグルト。六甲のおいしい水。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10.8の晩ご飯

晩ご飯は、ホウレンソウ、ひよこ豆、タンドリーチキンのカレーライス。六甲のおいしい水。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10.7の晩ご飯

会社帰りに都内某所でブツの受け渡し。エーデルピルス一杯。

晩ご飯は、小松菜と鶏のゼリー寄せ。モロッコインゲンと牛肉の薄味煮。かきたま汁。ごはん。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋皮煮の味見と10.6の晩ご飯

朝、渋皮煮を味見。
んー、まあまあかな。
もう何年も前、友人のお母さんが作ったという渋皮煮を食べたことがあるのだが、渋みがほとんどなく、筋は綺麗に取り除かれ、甘さは控えめで、栗のうまさいっぱいのすばらしいものだった。
あれに比べたら、この渋皮煮はまだまだ渋みがあり、筋も残ってるし、歯ごたえがごそごそしてて、甘さはちょっとしつこい。初めて作ったんだからしょうがないけど。
でも、自分で作ってみたからこそ、あの友人のお母さんがどんなにすばらしい仕事をしたかが理解できたというものだ。
もういっぺん、もういっぺん作ったら、かなりレベルを上げられる気はするなあ。
でももう今年は十分です。1キロ分の栗の鬼皮むくのが大変すぎ。

晩ご飯は、ソーセージとピーマン炒め。トマト、ジャガイモ、カリフラワーのマヨネーズ焼きの残り。トマトとキュウリの塩ポン酢。ごはん。小松菜味噌汁。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋皮煮と10.5の晩ご飯

栗をたくさん頂いたので、渋皮煮に挑戦。
渋皮を残して鬼皮を剥き、重曹で何度も煮こぼして、最後に砂糖で煮るだけ。難しくはないけど、根気が要る作業ですね。
午後いっぱいかかって煮て、え?これ煮終わってから12時間寝かすの?
つわけで、味の方は明日の朝。

晩ご飯は、トマトとジャガイモとカリフラワーのマヨネーズ焼き。水菜と厚揚げの煮びたし。小松菜と鶏のゼリー寄せ。冷や汁。ごはん。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10.4の晩ご飯

晩ご飯は、飛田給某所で、たらちり、カクテキ、白身魚のフライ、ツナサラダ、焼き鳥、ぞうすい、エイヒレなど。ビール、ビール、ビール。手術後初アルコールである。

話題は、サッカーの話から逃避しつつ、でも、いつの間にか反省会、みたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008 J1 第28節 FC東京 vs. 清水エスパルス

いやそりゃ、ハーフタイムには頭に来てましたよ。むかむかしてしょうがなかったですよ。
6連勝がかかってるごときで浮き足立ちやがって、みたいな。
徳永いつまで寝てるんだコノヤロ、とかね。
塩田の飛び出しはここんところずっと不安定じゃないか全く。
だいたい今ちゃんの消えっぷりはどうよ、いつになったらフィットするんだよ、もう28節だぞほんとにもう。

でも後半、大竹がくるんくるんしてるの見てたらすごい幸せな気分になってしまって。この子もデビューしていきなり活躍したと思ったら、すぐ壁に突き当たって、そしてすぐ乗り越えて戻って来てくれた。いろんなことがぎゅっと詰まった、充実のシーズンだったね。もう今シーズンのまとめに入っちゃってますねすいません。
そうして、清水に移籍してすぐの大怪我で貴重な一年を棒に振り、そしてようやくピッチに戻って来た戸田がトドメの5点目を入れた、珍しく、ちゃんと抑えて打ってくれちゃってまあ。気持ちのこもったゴールだった。味スタでの戸田のゴールなんて何年振りよ。あたしの周りでは、ユベントス戦以来じゃないかということだったけど、本当ですか。
そして、移籍していった選手の対応にはウェットな東京サポーターたちは、ついつい戸田に拍手したりなんかしちゃって、でもこういうのは嫌いじゃない。決して、大量失点で負けてるがゆえの冷笑的な気持ちだけで起こった拍手ではない、戸田への愛情が入った拍手だったと思うよ。まあ、他の人のことはわかんないけどね。

そうして、試合が終わった後も歌は続いていて、ここでなお、歌うべき歌があるのはすばらしい。
まだだ、まだまだ行くよ。
モニ、大敗した時くらいはメインスタンドの嫁さんに投げキッスするのは遠慮しておきなさい。
佐原がものすごく責任を感じた顔をしていて、申し訳ない気持ち。

札幌に行けなかったおいらに、現地組さんたちがチョコレートやら生キャラメルやらレーズンサンドやら下さいました。ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10.3の晩ご飯

晩ご飯は、小松菜と鶏のゼリー寄せ。トマトとキュウリの塩ポン酢。水菜と厚揚げの煮びたし。ごはん。味噌汁。山芋のしそ風味漬。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10.2の晩ご飯

晩ご飯は、水菜と厚揚げの煮びたし。キュウリとトマトの太白胡麻油和え。ネギ入り玉子焼き。キャベツ味噌汁。ごはん。白菜漬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/10

10.1の晩ご飯

会社に復帰して3日目。下腹に力が入らないので、机に向かって座っているだけでも疲れる。困ったものだ。

晩ご飯は、小松菜と鶏のゼリー寄せ。モロッコインゲンとトマトのサラダ。冷や汁。ごはん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

9.30の晩ご飯

晩ご飯は、小松菜と鶏のゼリー寄せ。トマトとキュウリのサラダ。ポークピカタ。ごはん。味噌汁。伊右衛門茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9.29の晩ご飯

会社に復帰。
満員電車がちょっとまだあれ(どれ?)なので、相方にも付き合ってもらって少し早く出て各駅停車に乗車。

晩ご飯は、小松菜と鶏肉のゼリー寄せ。氷下魚(こまい)の焼いたの。レンコンの煮たの。ごはん。味噌汁。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9.28の晩ご飯

晩ご飯は、イクラ、ホウレンソウと鶏肉のゼリー寄せ。レンコンの残り。トマトサラダ。小松菜とジャガイモの味噌汁。ごはん。お茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »