« 11.29の晩ご飯 | トップページ | 11.30の晩ご飯 »

2008/12/14

2008 J1 第33節 FC東京 vs. アルビレックス新潟

ようやく勝ったという試合。試合後、こんなに内容がよくないのだから、せめて勝たないとね、といい合うような、そんな試合。考えてみたら贅沢なことだ。
新潟は松下がよかった。こんないい選手だっけ、と相方といい合ったことである。セットプレーは全て怖かったし、バーに当たったあれがもし入っていたらわからなかった。東京は、梶山がいないことは、見てる我々よりももちろん、監督も選手もわかってるはずで、そういうサッカーをして、それをやり切ったという感じだったけど、正直赤嶺の決定力がなかったら、どうなったことか。
ホーム最終戦とて、試合後、城福監督の挨拶があった。ものすごい熱いアジテーションである。まいっちゃうなあ。かっこよすぎだろう。

リンク: F.C.TOKYO 【城福監督】お礼の挨拶 .

|

« 11.29の晩ご飯 | トップページ | 11.30の晩ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2986/43415500

この記事へのトラックバック一覧です: 2008 J1 第33節 FC東京 vs. アルビレックス新潟:

« 11.29の晩ご飯 | トップページ | 11.30の晩ご飯 »